来期の新作 2017冬アニメおすすめ期待度ランキング(1月スタート)

2017冬アニメおすすめ期待度ランキング.jpg来期の2017冬アニメおすすめ期待度ランキング(2017年1月スタート)をつけてみました!30作品以上ありますが厳選してランキングをつけています。

そして冬アニメの特色としては、漫画原作のアニメ化が10作品以上もありますが何百万部の大ヒットを飛ばした作品ではなく、そこそこ売れてアニメ化したら売れそうな作品がアニメ化しているのが印象的です

3年間毎クールランキングはつけていますが、このブログの主観としてランキングを組んでいますので、その点を踏まえランキングご覧下さい。

絶対に見るべき作品として7作品として選び期待度ランキングをつけてみました。


1位.jpg

クズの本懐

クズの本懐.jpg

http://www.kuzunohonkai.com/

サイコパス、四月は君の嘘、そして4月からは冴えない彼女の育て方の2期を予定する「ノイタミナ枠("連ドラのような アニメ"をコンセプトに設立した深夜アニメ枠)」という期待されるアニメ枠の中でドロドロで際どい描写を多くある作品をアニメをすると思ってなかった。
そしてこの作品は「僕だけがいない街」のように2017年春に原作である漫画とアニメが同時完結するアニメとなっている。
内容としては、面白さや笑いなどを全てドロドロで歪んだ青春に注ぎ込んだ作品となっており物語に出てくるキャラクター全員がクズとしての歪んだ愛情の個性を持っている
「クズの本懐」という題名の本懐という意味である本意、本望がクズのキャラクター達、全員が懐いて交差していくのに繋がらない物語。
声優・スタッフも豪華でユーフォニアム高坂麗奈役の「安済知佳」が花火役として粟屋麦:島﨑信長、絵鳩早苗:戸松遥、鴎端のり子(モカ):井澤詩織、鐘井鳴海:野島健児、皆川茜:豊崎愛生と監督はがっこうぐらし!の安藤監督が務めるところもみどころです。

「報われない恋 切ない恋 片想い それってそんなに美しい物ですか」
高校二年生の花火は、恋人である麦と互いに叶わぬ恋をする"契約上の恋人"になった。
不器用な青春模様を描く純愛ではない秘密を共有する物語。

PV


2位.jpg

この素晴らしい世界に祝福を!2期

この素晴らしい世界に祝福を.jpg

http://konosuba.com/

正直、期待度ダントツ1位で良かった「この素晴らしい世界に祝福を!」の続編。2016年冬アニメのDVD,BDの売り上げトップで放送中に2期が決定した大人気作品の待望の続編。
1期はキービジュアル、タイトル、ありきたりなキャラと設定でつまらなそうなアニメとして誰からも期待されていませんでしたが1話放送後から爆発的な人気を誇り、最高に笑えるダークホース作品としてたった10話で終わってしまいました。
そしてスタッフ・キャストは変更がないということ、1期に比べてさらにアドリブが多くなりテンポがうざいほど上がるので、さらに笑えるアニメとして今期の人気アニメとなるでしょう!

ゲームが大好きな佐藤和真は交通事故によって死んでしまったはずが、女神と名乗る女性アクアと出会い一緒に異世界に転生してしまう。そこで和真とダメ女神アクアは魔王討伐の冒険が始まると思いきや労働生活から始まってしまう。さらにダメ女神が問題行動ばかり起こしてしまい・・・。

PV


3位.jpg

ガヴリールドロップアウト

ガヴリールドロップアウト.jpg

http://gabdro.com/

アニメーション製作「動画工房」というだけで期待をしてしまうこのブログ。未確認で進行形、野崎くん、うまるちゃん、NEW GAMEと人気作品を輩出し続ける動画工房の今作は「ガヴリールドロップアウト」と駄目天使たちのスクールコメディと日常系で原作の漫画ではクスッと笑える場面がたくさんあったのでアニメではテンポの良さを期待!そして先行上映組からは中々の高評価を得ているアニメです。
監督は「干物妹!うまるちゃん」「ゆるゆり」の太田雅彦と日常系に期待が持てるスタッフです。

首席の天使が地球にやってきた!......が、地球に馴染みすぎて学校サボりまくりのネトゲ三昧、自堕落生活。駄天使と化したガヴリールが贈るスクールコメディ!

PV


4位.jpg

小林さんちのメイドドラゴン

小林さんちのメイドドラゴン.jpg

http://maidragon.jp/

まさかの京アニの新作がこれ。
監督は「氷菓」「甘ブリ」の武本康弘、キャラデザも「境界の彼方」や「甘ブリ」の門脇未来とあってスタッフはいつものメンバーです。そしてOPは人気作品にもってこいの「fhána」とあって意外と製作陣は良いのかも。
ネタバレにならない範囲で原作を読んだ感想としては、メイドに化けるドラゴンとOLの日常暮らしコメディだがシリアスな部分もあり、メイドのドラゴン娘のトールが人外で異色なキャラクターながら大好きな小林さんと暮らしていくことで成長していく姿がなんとも可愛くて見てしまう。
正直1話でどうこう判断ができる作品ではないので京アニということで視聴を続けてほしいアニメです。

独り身お疲れOLの小林さんのもとに、突如現れたメイド姿の美少女トール。角を生やし尻尾を携えた彼女の姿は、まさにドラゴン娘(むすめ)。酔った小林の誘いで家に来たと言うトールは、あれよあれよと小林さんちのメイドとして働くことに。

PV


5位.jpg

政宗くんのリベンジ

政宗くんのリベンジ.jpg

http://masamune-tv.com/

豪華スタッフ・豪華キャストで塗り固められたテンプレート面白いアニメとなりそう。
シリーズ構成・脚本はSHIROBAKO、監獄学園の横瀬、作画監督はプリズマ☆イリヤの澤入、アニメーション製作はプリズマ☆イリヤ、のんのんびよりなどの「SILVER LINK」となっている。
そして声優人は真壁政宗(花江夏樹)、安達垣愛姫(大橋彩香)、小岩井吉乃(水瀬いのり)藤ノ宮寧子(三森すずこ)双葉妙(田所あずさ)、朱里小十郎(早見沙織)、早瀬絹(小倉唯)、早瀬千夏(大亀あすか)、金子園香(伊瀬茉莉也)木場菊音(伊藤かな恵)、水野鞠(佐藤聡美)とただ列挙しただけなのに楽しみな豪華声優。

内容は、8年前に美少女にボコボコに振られたデブの主人公がダイエットをしてドSだった美少女を惚れさせて復讐をするといった内容。原作組が見ても納得のPVとなっており、なんといっても漫画1巻で内容が急激に変わってくるテンポの速さが好きなので期待している作品。

PV


6位.jpg

セイレン

セイレン.jpg

http://www.tbs.co.jp/anime/seiren/

今期の貴重なオリジナルアニメ枠。「アマガミ」「キミキス」のキャラクターデザインの高山箕犀がオリジナルアニメ「セイレン」を手がける。アマガミと同じストーリー展開で4話ごとに「常木耀編」「宮前透編」「桃乃今日子編」として順に放送される。アニメーション製作は、結城友奈は勇者であるの「studio五組」が担当し、奥華子がOPを担当する。
アマガミは全39話もあり、1人1人の内容も濃く深くまで描かれていたので「セイレン」も1クールでは終わってほしくない。そして3人の主人公とあって1話、5話、9話がストーリーの始まりなので、この話しは見逃せないところ。

誰も知らない君と恋をする。セイレンカレンな彼女とのラブストーリー。

PV


7位.jpg

亜人ちゃんは語りたい

亜人ちゃんは語りたい.jpg

http://demichan.com/

原作の累計発行部数が110万部を超えている今期では前評判も高く安定した人気を誇る作品となりそうです。絵と内容で敬遠していたが、今期アニメになるとあって見てみると、たった5ページで笑ってしまい面白かった。そして1巻で諏訪部順一演じる高橋鉄男のカッコよさに気づいてしまった。

あらすじはこう書いている。「サキュバス、バンパイア、デュラハン。僕ら人間とちょっとだけ違う、それが「亜人」。そんな亜人の生態に興味を持つ高校生物教師・高橋鉄男と、生徒である「亜人」ちゃんたちとの少しだけ刺激的な新学期がスタートした! 」
ありがちな内容に見えるが作品の面白さは、おじさんでガタイのいい高校教師である高橋鉄男の視点と亜人ちゃん達の視点が交互になることで深まっていき亜人に感情移入ができるようになる。
アニメーション製作は、四月は君の嘘、冴えない彼女、ソードアート・オンライン、アルドノア・ゼロなど数多くの人気作をだした「A-1 Pictures」とあって間違いない!
今期で迷ったら、この作品を見てほしい。

PV


8位.jpg

バンドリ

バンドリ.jpg

http://bang-dream.com/

もう飽和状態かと思っていたこのテンプレアニメ。しかしながら意外とキャラデザや歌などありがちながらいいのではないかと思えるくらいの作画と躍動感に期待。

幼い頃、星空を見上げた時に聞こえた
『星の鼓動』のように、キラキラでドキドキなことをずっと探していた、香澄。
高校に入学したばかりのある日、
古びた質屋の蔵で出会った『星形のギター』に
初めてのときめきを感じ、
ずっと閉じ込めてきた気持ちが走りだす。
同じように、輝ける場所を探していた4人の少女とともに。ひとりじゃ出せなかった音だって、5人ならきっと奏でられる。
絶対ここで、ライブします!

来期の新作 2016秋アニメおすすめ期待度ランキング(10月スタート)

2016秋アニメおすすめランキング.jpg2016秋アニメおすすめ期待度ランキングをつけてみました。人気度や管理人が見たい作品を選んでつけていますので視聴等にご活用ください。

少し早いですが、予習をしておきましょう!2016秋アニメは「響け!ユーフォニアム」「ハイキュー!」「夏目友人帳」など人気作品の続編が多くあります。またオリジナルアニメが徐々に発表になっている期待の秋アニメです。

それではご覧下さい。

2017冬アニメおすすめ期待度ランキング.jpg2017年冬アニメ(1月スタート)のランキングはこちら!


1位.jpg

3月のライオン

3月のライオン聖地.jpg

http://3lion-anime.com/

アニメ化になっていない作品としては最も人気があるのではないかという作品。主人公・桐山零は若干17歳でプロ将棋棋士になった心理描写と情景描写が非常に上手く内容に引き込まれていく魅力がある。コミックは11巻まで発売しており、マンガに関する賞は発売当初から総ナメしてきた期待作品。放送局はNHK、アニメーションスタッフは「物語シリーズ」「魔法少女まどか☆マギカ」を手がけた監督:新房昭之×制作会社:シャフトと文句のつけようがない。

これは、様々な人間が何かを取り戻していく優しい物語。そして、戦いの物語。桐山零は、幼い頃に事故で家族を失い、親戚のプロ棋士のもとで育てられていくが心に深い傷を負ったまま成長していく。育て親のもとを離れ、プロ棋士となり17歳になった桐山は東京の下町で「あかり・ひなた・モモ」という3姉妹に出会ったことにより少しずつ気持ちが変わっていく。そして周りを変えていく。事の顛末が目の前で起きているような感覚に陥るほど熱中してしまう作品。

2位.jpg

響け!ユーフォニアム 第2期

響け!ユーフォニアム2期51.jpg

http://anime-eupho.com/

前回の放送から1年と半年が経ったが人気が衰えてない京アニ制作のアニメ。DVD,BDの売り上げも初動1万枚を超え劇場版と2期の制作が決定しました。制作スタッフなど変更はなく、そのままのクオリティでアニメ化となるので秋アニメではかなり注目される作品。内容は、吹奏楽コンクール京都府大会に出場し、見事に金賞を受賞した黄前久美子、高坂麗奈ら北宇治高校吹奏楽部は、次なる舞台に出場する!それは、強豪ひしめく関西大会に挑む!さらに新キャラとして2名を追加し、物語は進んでいくが先輩たちの過去が明らかになっていく。そして、次の曲が始まるのです!

3位.jpg

舟を編む

舟を編む.jpg

ノイタミナ枠として2012年本屋大賞第一位に輝いたベストセラーがアニメ化となります。かなり人気作品で2013年には松田龍平と宮﨑あおいで実写映画化となっています。

玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか──。

4位.jpg

ガーリッシュナンバー

ガーリッシュナンバー.jpg

http://www.tbs.co.jp/anime/gn/

ええ、QP:flapperがキャラクター原案を務める可愛いだけのアニメです。ただの可愛いだけではなく性格はクズな新人声優が主人公とあって内容は、クセがあり面白い。そんな主人公が声優をしながらだらだら物語が進んでいく現実のような内容となっている。

女子大生の烏丸千歳が、夢と希望と野心を抱いて踏み込んだ声優の道。そこで目の当たりにしたのは、おかしなことがいっぱいな業界のシビアな現実!?

PV


5位.jpg

終末のイゼッタ

終末のイゼッタ.jpg

http://izetta.jp/

制作情報がなかなか判明しなかった今回期待のオリジナルアニメ。PVを見たらわかるが、キャラデザに馴染みのあると思う。とあるシリーズやSAOの作画監督を務めた山下祐がキャラデザ・作画監督となっている。PVから声優紹介もあり、豪華。OPはAKINO with bless4、EDはMay'nと内容以外は期待のできるものとなっている。

──ひめさまが約束してくれるなら、わたしはひめさまのために戦います。最後の魔女として──西暦 1939年、帝国主義国家ゲルマニア帝国は突如隣国に侵攻を開始した。その戦火は一気に欧州全域へと拡がり、時代は大戦の渦に巻き込まれていく。そして 1940年、ゲルマニアはその矛先を美しい水と緑に恵まれたアルプスの小国エイルシュタット公国に向けようとしていた。──ひめさまが約束してくれるなら、わたしはひめさまのために戦います。最後の魔女として──西暦 1939年、帝国主義国家ゲルマニア帝国は突如隣国に侵攻を開始した。その戦火は一気に欧州全域へと拡がり、時代は大戦の渦に巻き込まれていく。そして 1940年、ゲルマニアはその矛先を美しい水と緑に恵まれたアルプスの小国エイルシュタット公国に向けようとしていた。

PV


6位.jpg

TRICKSTER -江戸川乱歩『少年探偵団』より-

TRICKSTER江戸川乱歩.jpg

http://trickster-project.com/anime/

アニメビジネスに参入してきた異業種5社が共同企画の"あにめのめ"の第1弾は「甘々と稲妻」と人気を博した。そして第2弾は江戸川乱歩の「少年探偵団」を原案に、時代設定を203X年と近未来に移したオリジナルアニメとこれだけでは期待をしていないがトムス・エンタテインメントと名探偵コナンの制作会社と面白い繋がりがある。ただし、キャラデザが好みではない。

謎の探偵、明智小五郎のもとで探偵をする「少年探偵団」。ある日、花崎健介は謎の少年と出会う。謎の少年は自身の死を望んでいるにも関わらず死ねない。なぜか死ねない体となっている少年は、「少年探偵団」に入り、運命の糸を紡いでいく。そして正規の犯罪者である怪人二十面相と因縁の対決をしていく。

PV


7位.jpg

夏目友人帳 伍

夏目友人帳.jpg

http://www.natsume-anime.jp/

何も言うことはなく、必ず見る作品。
前作「夏目友人帳 肆」の放送から約4年――。2016年秋、待望の新シリーズ「夏目友人帳 伍」が放送スタート!
小さい頃から妖怪を見ることができた少年・夏目貴志。彼は、祖母レイコが妖怪を子分とする証にその名を書かせた契約書の束である「友人帳」を継いで以来、自称用心棒の妖怪・ニャンコ先生と共に、妖怪たちに名を返す日々。
夏目は、さまざまな妖怪や心優しい人たちと出会い、あたたかな場所を築いていく中で、人と妖、大切なものの守り方について想いを巡らせていく...。

PV


8位.jpg

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-

oka.jpg

http://occultic-nine.com/

監督は「四月は君の嘘」で有名なイシグロ監督、アニメーション制作は最大手のA-1。さらに「シュタゲ」の志倉千代丸が手がける初のラノベシリーズが今作とあってスタッフ陣に見所がありすぎる!さらにダメ押しで声優は、梶裕貴・佐倉綾音、石川界人が担当。シュタゲ繋がりかもしれませんが主題歌は、いとうかなこが担当が決定しています。

内容としては高校生がまとめ系アフィブログを運営し、ブログの内容であるオカルトを科学的に研究しブログにアップをしていた。そんなブログ繋がりをきっかけにマニアックなオフ会をすることに。
集まったメンバーは自己矛盾型自称救世主、神癒霊能媒介者、全否定型超理論派大学生、萌え系占い大先生、死後の世界案内人、未来予知型同人漫画家姉さん、黒魔術代行屋、リア充系雑誌記者、残念系コスプレオタク刑事。
出会うはずのなかったメンバーの周囲で起こり始める小さな「違和感」それはさらに大きくなり想像を絶する大事件へと彼らを導いていく。

PV


9位.jpg

魔法少女育成計画

魔法少女計画.jpg

http://mahoiku.jp/

ラノベながら高評価の「魔法少女育成計画」。ネタバレは避けたいが話題性としては十分の作品なので見てみることをおすすめする。まああらすじに「サバイバルゲーム」と書いてあるのでその通りである。スタッフも内容としても期待できるとあってダークホース枠として見てみようと思う。アニメーション制作は、乱歩奇譚を制作した新鋭の「Lerche」、シリーズ構成・脚本は「吉岡たかを」とあって人気作品を多く手がけている脚本家が担当している。

大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。 幸運にも魔法の力を得て、充実した日々を送る少女たち。 しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、 16人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバルレースが幕を開け......。

PV


10位.jpg

ステラのまほう

ステラのまほう.jpg

http://magicofstella.com/

ごちうさ、きんモザを連載中のまんがタイムきららMAXから続いてアニメ化となる。さらに監督は川面真也、制作はSILVER LINK.とこの組み合わせは「のんのんびより」のスタッフです。よくあるゲーム制作の高校版という内容だが、さらに放送枠は「NEW GAME」枠の後釜とゲーム制作×癒し系と一緒なので同じ放送枠で社会人から高校生になったような感覚になります。
高校の入学式の日、同人ゲームを作る部活「SNS部」と出会った本田珠輝。やりたいことを見つけたと思って入部したのですが...絵もプログラムもシナリオも音楽も、一から自分たちで作るのって大変! 先輩や幼なじみと一緒に、完成を目指して頑張ります!

PV

名探偵コナン映画おすすめランキング(興行収入など)をつけてみた

名探偵コナンランキング興行収入.jpg名探偵コナンの映画おすすめランキングをつけてみました。また興行収入についてもまとめました。

名探偵コナンでは名作が多く、今回の「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」では特典で歴代映画を1作無料で見ることができますが、どれを見ようか悩んでいます。

またコナン作品は20年間にわたり毎年春に映画を上映してきました。作品数も多いため、レンタルする際に何を見ようか悩んでしまうこともあると思います。

そうしたこともあって今一度、劇場版名探偵コナンを全部見直してランキングをつけてみました。ご覧下さい。

とうとう純黒の悪夢が興行収入50億突破と過去最高の作品となりました。

名探偵コナン歴代映画オススメランキング(興行収入)

最後にはグラフ等でコナン映画人気ランキングの推移をまとめています。それらを踏まえた上で、おすすめのランキングをつけてみました。


20位 名探偵コナン 11人目のストライカー(2012年

Jリーグ20周年記念プロジェクトとのコラボ作品であるため多数の有名Jリーガーが登場するものの棒読みが気になってしまう。コナンのスケートボードやサッカーのシーンには臨場感があってコナンの魅力であるアクションは良いもののやはり声優ではない人を多数出演させているため感情移入がなかなか難しい作品。

ある日、毛利小五郎探偵事務所に爆破予告がかかってきた。そして事務所の前の車が爆発し、犯人から次は暗号を解いて爆弾を止めないと死傷者がでると脅される。しかしどうにも手がかりがつかめない小五郎、蘭。その時蘭が新一に助けを求めるとコナンと少年探偵団はJリーグの試合を観戦していた。そうして暗号を解読していくにつれて爆弾の在り処が、ちょうどいま観戦していたスタジアムに仕掛けられていることがわかる。そうして、観客の避難が終わると爆弾が爆発してしまう。それから犯人からの脅迫が続いていく。Jリーグを題材とした作品となっている。

19位 名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)(2011年

アクションシーンが魅力の沈黙のクォーター。コナンの迫力のあるシーンなどについてはおもしろいが、どうしても推理や内容の部分が薄く感じてしまった。今回のキャッチコピーが「生き延びるんだ、絶対に...」「ラスト15分、予測不可能!」「生きてたら、また会えるぜ」とあるだけに、珍しくコナンが苦戦を強いられる作品となっています。

突如、朝倉都知事に謎の脅迫状が届き、翌日、都知事が開通した新地下鉄トンネルが爆破される。コナンのおかげでケガ人を出さずに済んだが、犯人が再び大惨事をもたらしかねないと、コナンは朝倉都知事の経歴を調べ、国土交通大臣時代に建設したダムの関係者の捜査を開始する─。

18位 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)(2008年

2000年後半で人気が定着してからの興行収入としては低いのだが、それはおそらくアクションシーンの少なさからバランスと見どころの少なさがあるのだろう。しかしながら、その分音楽が素晴らしく、サンドトラックは好評。またエピソードが多く盛り込まれており劇場版としては刺激が足りないながらも良くまとまっていた作品。

音楽家を狙う連続殺人事件に巻き込まれたコナンたちが名曲に隠された謎を解き明かす、青山剛昌原作の劇場版シリーズ第12作!ピアニストが主催する音楽アカデミーの出身者ばかりを狙う連続殺人事件が発生する。そんな中、コナンたちは世界的なアーティストが集まるコンサートに招かれる。主役は一人の天才女性歌手だったが、その歌手の命が狙われ...。

17位 名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)(2007年

「蘭と園子の友情」がテーマの冒険型アクションと一風変わった作品で勝負したながらも前作(探偵たちの鎮魂歌(レクイエム))より5億円も落としてしまった作品。劇場版ではアニメ版ではいいほうの質だが、アニメ版の長編になったような作品のため満足度は低め。停滞期の真っ只中にいる11作目ながらも他の作品と同様に日本アカデミー賞を受賞している。

今回、コナン君達が訪れたのは、かつて海賊が島のどこかに隠したといわれる宝をめぐり、町おこしを仕掛けている南の島。そこは、子供達にとっては巨大ななぞなぞテーマパーク。オリエンテーリング風に、クイズを解きながら、宝を探していると、いつしか殺人事件にまきこまれてしまう......。ストーリー本編に絡まない、ちょっとしたクイズが物語にあちこち散りばめられているため、ただお話を追うだけでなく、クイズを解く楽しみも味わえる、1粒で2度美味しい展開。頭を悩ませるだけでなく、目も楽しませてくれるのだ。今回は「犯人を追いつめる推理モノ」ではなく、エンタテインメントの割合が大きい。次々と起きるサスペンスを知恵と勇気で乗り越える「アドベンチャー」ものとして、肩の力を抜いて楽しみたい。

16位 名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)(2005年

2000年に入ってから興行収入としては一番低い結果となってしまった。しかし、小五郎が活躍する貴重な映画で小五郎が活きる作品は非常に見ごたえのある作品です。ただし、それに尽きてしまう作品なので内容としては少し物足りない気がする。

太平洋上を航海する豪華客船内で殺人事件が起こり、船に乗り合わせたコナンと小五郎は早速捜査を開始。過去と現在が複雑に絡み合う事件が幕を開ける。

15位 名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)(2013年

2013年にもう一段階コナン人気が躍進するきっかけになった作品だと感じるほど全てのバランスがよく、少し難解な内容も満足度を高める要因に変えたオススメの劇場版。なにげに伏線好きとしては2回見てしまうほどの内容の深さ。

京都・舞鶴湾で行われたイージス艦の体験航海に参加したコナンたち。しかし突如、謎の襲来を受け、自衛隊員の左腕が艦内で発見される。捜査に乗り出すコナンたちは、艦内に某国のスパイがいることを知る。

14位 名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)(2004年)

まさにキッドの独壇場。バランスとしては推理が少ないが、キッド×コナンの屋上シーンや飛行機のアクションものと「名探偵」という文言でうたっているながらもアクションシーンが魅力満載の今作。当時は、前作が名作「迷宮の十字路」だったためあまり良くなかったと比較されてしまうもったいない作品。しかしながらもキッド好きとしては堪らなくワクワクした作品でもあった。

舞台女優・牧樹里が怪盗キッドの犯行予告状を持って毛利探偵事務所に現れる。そこには"運命の宝石"を盗み出すと書かれており...。

13位 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)(2006年

予告編では最高だった記念すべき10作品目の全員総出演のオールスター作品。怪盗キッドの正体が黒羽快斗だという事実を知っている快斗のライバルである白馬探まで登場する。服部平次や怪盗キッドなど全員にみどころのあり、そして111分と少ない時間によくまとまっていた。

コナンの正体を知る謎の黒い影にコナン、平次たちが決死の戦いを挑む。小五郎とコナンたちは謎の招待を受け、ある巨大な城へ向かうが...。

12位 名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)(2009年)

予告編ではコナンの正体が黒の組織にバレるような描写があり、「黒ずくめVS.江戸川コナン、宿命のバトル・ミステリーが今、始まる」と黒の組織との全面対決のようなニュアンスだったが違う。だがそれを外せば通常の劇場版コナンとして面白い。前作の戦慄の楽譜から10億も興行収入を上げたのは評価できる点。

東京、神奈川、静岡、長野で6件の連続殺人事件が発生。警察の捜査会議に参加したコナンは、そこで刑事に変装した黒ずくめの組織のメンバーを発見する。捜査線上に浮かんだ「黒ずくめ」の影。「工藤新一」の名前を知る男、コードネームはアイリッシュ。組織の影が自分に近づきつつあることをコナンが知った時に7人目の犠牲者が出た。

11位 名探偵コナン 天国へのカウントダウン(2001年

黒の組織が初登場する劇場版。そして今回の主役は少年探偵団と組織に入っていた灰原哀を心体ともに助けていくシーンはみもの。劇場版では珍しくアニメの時間軸と繋がっており今作で出てきた灰原の姉に関する内容が原作に引き継がれるなどコナンファンとしては必ず見ていて損はないというか見ている作品。

キャンプの帰りに日本一の高さを誇るツインタワービルを訪れたコナンとクラスメイトたち。ところがビルの関係者が次々と何者かに殺害され...。

10位 名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)(2010年

推理、いつものどんでん返しといったものが無いにも関わらず、やはり人気のあるキッド作品。舞台は東京〜大阪間の飛行船と限られた場所にもかかわらず上映時間102分という時間が短く感じられるほど緻密に計算された内容とハラハラするストーリー展開。予告編から題材も犯人もはっきりしているのに見入ってしまうほどのアクションシーンと内容のバランスの良さ。

怪盗キッドを捕まえるために仕掛けられた一大プロジェクトの最中の世界最大の飛行船が、テロリストたちに襲撃された。船内のいたるところに爆弾を仕掛けられ、細菌をばら撒かれてしまうが、飛行船に乗り込んでいたコナンが、少年探偵団の協力を得て爆弾を一つずつ解除し、テロリストへの反撃を開始する。

9位 名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)(2014年)

劇場版シリーズで初めて40億円を超える大ヒットとなった異次元の狙撃手。アクションシーンに重点が置かれており、割と最近のキャラクター(沖矢昴、世良真純)が登場することから今後のコナンを見続けるには必須の作品となっている。

東京の街を一望できる高さ635mを誇るベルツリータワー。そのオープニングセレモニーに参加していたコナンたちは、展望台からの絶景を楽しんでいた。その時、一発の銃弾がガラス窓を突き破り、男の胸を撃ち抜く! あまりに一瞬の出来事に何が起こったかわからずパニックになる蘭と少年探偵団たち。すぐさま犯人追跡メガネをズームさせ銃弾の軌道先に黒い影を見つけたコナン。「ありえない距離からの狙撃、まさか--! 」コナンは逃走するスナイパーを女子高生探偵の世良真純と共にバイクで追うが、警察のパトカーもろとも容赦なく爆破しようとするスナイパーとのチェイスに翻弄されてしまう。やがてその激しいチェイスはFBIをも巻き込み、犯人、そして狙撃事件の謎は海の中へと消えていった--。

8位 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼(1997年

「真実はいつもひとつ!」という言葉が生まれた劇場版第1作目。今見ても手に汗握る展開で、やはり万人受けする作品だなと感じる。昔見たことある人もに再度見てみるとさらに面白さが深まっており、見たことない人は原点としてみてほしい。

特殊火薬盗難事件と連続放火事件が発生、犯人と思しき男から工藤新一に爆破予告の挑戦状が届く。さらに蘭までもが事件に巻き込まれてしまい...。

7位 名探偵コナン 業火の向日葵(2015年

現在、興行収入が44億円でシリーズランキングトップ。シリーズ初の「アートミステリー」とあって内容は深いものとなっており、なんといってもキッド作品であるため人気がさらに増した。キッドが出れば人気の出るといった象徴だった今作かも知れない。

大富豪が集まったオークション会場で、ゴッホの名画「ひまわり」が鈴木財閥によって落札された。毛利小五郎ら"7人のサムライ"が絵画を守るために招集されたその時、突如怪盗キッドが現れ...。

6位 名探偵コナン 世紀末の魔術師(1999年

エンディングが最高。突然、毛利小五郎探偵事務所に現れたのはなんと新一・・・。劇場版コナンシリーズの中では最高傑作の一つ。そして怪盗キッドを初め灰原哀、高木渉、服部平次、遠山和葉が劇場版初登場の作品でもある。構成もよく前半が大阪、中盤が豪華客船、後半が古城と事件が繋がっていきラストを迎える。そして最高のエンディングと人気投票の中では必ず上位に食い込む作品である。

怪盗キッドから"インペリアルイースターエッグ"を狙うと予告状が届く。コナンたちは早速大阪へ向かうが、逃走中のキッドが何者かに撃たれ...。

5位 名探偵コナン 14番目の標的(1998年) 

毛利小五郎「死なせやしねぇ。てめぇに自分の犯した罪の重さをわからせてやる」。この一言に尽きる。毛利小五郎を主軸とする今作のストーリーは素晴らしいほどの完成度。見終わると14番目の標的というサブタイトルがこんなにもかっこいいのかと感心してしまうほど。そして綿密に練られたトランプの数字と標的。これはおすすめした1作。

毛利小五郎の周囲の人間が次々に襲われ、事件のキーワードとしてトランプが残されるが...。

4位 名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年

開始数分で迫力に圧倒されてしまう。シリーズ20作品目の純黒の悪夢がシリーズ最高興行収入の勢いだ。黒の組織を中心とし、FBIに公安警察、CIAとアクションシーンも満載で見終わったあとにキャラクターの相関図や背景を詳細に調べたくなるほどハマってしまった。今作は、今までにないほど黒の組織が深く関わっているため内容としても充実しているため、今後のためにも必ず見ておくことをおすすめする。

阿笠博士とともに東都水族館にやってきたコナンたちは、ケガをして記憶をなくした女性と出会う。彼女の瞳は左右で色が違うオッドアイ。その風貌と雰囲気から、灰原は女性が黒ずくめの組織の人間ではないかと疑う。しかし、少年探偵団は自分たちで女性の記憶を取り戻そうと大はりきり、女性と観覧車へ乗り込んでしまう。実は女性は前夜に警察庁に侵入、警察がつかんでいるスパイのリストを盗み、逃亡中に事故を起こした犯人だったのだ。しかも、黒ずくめの組織が女性を奪い返そうと迫ってきていた!!

3位 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(2000年

工藤新一と蘭をメインとした王道ながらシンプルに面白いアクションラブストーリー。どこのレビューサイトにも最高点がつくほどの作品で冒頭から内容は濃いもののトロピカルランドでのラストシーンの盛り上がりは全作品中1番だと感じる。

現職刑事が次々に射殺される事件が起き、やがて蘭も事件に巻き込まれ記憶喪失になってしまう。

2位 名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)(2003年

「迷宮の十字路」と言えば誰もが見たことある名作。京都を舞台に謎が散りばめら、それを解決していくコナンと服部。今作は服部と和葉がメインのストーリーとなっており舞台となった京都に行きたくなる。アクションに内容ともに最高で見終わったあとの満足感が桁違い。

仏像や古美術を狙う窃盗団のメンバーが次々に殺される。同じ頃京都で仏像の捜索をしていたコナンたちは窃盗団を追ううち、この殺人に気付き...。

1位 名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊(2002年

コナン史上最高傑作だと思う。かつて「シャーロック・ホームズ」の居たロンドンというゲームの世界を舞台としたファンタジーの要素も絡みつつ実際の事件、コナンという原点を思い出させてくれるほどの内容の深さ。世界観も異質ながら、ゲーム世界なので仲間が殺されずに退場していくという設定も素晴らしい。劇場版アニメとしても傑作。

体感シミュレーションゲーム"コクーン"によって100年前のロンドンに迷い込んだコナンの活躍を描く。

公開年だけまとめてみた。キッド登場している映画は1999,2004,2006,2015年となっている。黒の組織は2001,2009,2016年となっている。

2016年 名探偵コナン  純黒の悪夢
2015年 名探偵コナン  業火の向日葵
2014年 名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)
2013年 ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE
2013年 名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ))←以降監督が3代目変更となる
2012年 名探偵コナン 11人目のストライカー←3代目監督に引き継ぐため監督2名
2011年 名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)←3代目監督に引き継ぐため監督2名
2010年 名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)
2009年 名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)
2008年 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
2007年 名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)
2006年 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)
2005年 名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)
2004年 名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)←以降2代目監督となる
2003年 名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)
2002年 名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊
2001年 名探偵コナン 天国へのカウントダウン
2000年 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者
1999年 名探偵コナン 世紀末の魔術師
1998年 名探偵コナン 14番目の標的
1997年 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼

題名だけ見てみるとやはり怪盗キッドと黒の組織が登場する劇場版アニメはよく見ていることがわかった。また監督が代わってから作風が一変している気がしたので監督が変わったタイミングも記載してみた。

興行収入ランキングは?

コナン.jpg

興行収入だけで言えば、人気の積み上げから最近の映画が高い傾向にあります。広告によるマーケティングや20年も経っているので当時、子供だった世代が大人になって子供と見ているのもあるでしょう。見やすくするために年度順に追って興行収入のグラフを作ってみましょう。

konanrank.jpg

クリックで大きいグラフなりますが、やはり右肩上がりですね。2003年までは純増していきますが、一度停滞期が来てしまいます。停滞期といってもコンテンツとして優秀なので人気は落ちても戻ってきます。やはりファンとして気になるのは「黒の組織」や「怪盗キッド」が登場する映画は興行収入が跳ね上がるようです。

まとめ

劇場版名探偵コナンは傑作が多いことがわかります。とくに2002年「ベイカー街(ストリート)の亡霊」から2003年「迷宮の十字路(クロスロード)」の最高傑作が続いたことでコナンファンの確立がなされたと思います。何を見ようか迷ってこの記事を書いたので、これからまた見直してみようと思います。みなさんもこの記事を参考にしていただけると幸いです。

来期の新作 2016夏アニメおすすめ期待度ランキング(7月スタート)

2016夏アニメ おすすめランキング.jpg来期の2016夏アニメおすすめ期待度ランキング(2016年7月スタート)をつけてみましたので視聴の参考にしてください。2016夏アニメは40作品以上ありますので厳選してランキングをつけています。

そして夏アニメの特色としては、漫画が原作のアニメ化が10作品以上もあります。なので漫画が好きな人は少し見る作品が多くなるかもしれません。

そしてこのブログが選ぶダークホース作品もおすすめランキングにいれています。その点を踏まえ、ランキングご覧下さい。

絶対に見るべき作品として17作品として選び期待度ランキングをつけてみました。

2017冬アニメおすすめ期待度ランキング.jpg2017年冬アニメ(1月スタート)のランキングはこちら!


2016夏アニメおすすめランキング期待.jpg

1位.jpg

NEW GAME

newgame645.jpg

http://newgame-anime.com/

原作とスタッフ、声優ともに良い作品。そして「動画工房・日常・原作が4コマ」から織り成すアニメなので間違いない。大人気制作会社「動画工房」が担当するだけで期待してしまいます。動画工房は人気作品である未確認で進行形、月刊少女野崎くん、干物妹!うまるちゃんと毎回、人気作品を輩出しており特色としては、原作を原作の色を残しつつ映像化して魅せるのが上手い。特に原作が「漫画・4コマ・日常」だと原作以上に可愛く動かせテンポが良く製作陣の原作愛が感じられる。そして、今作は「今日も一日がんばるぞい!」のコメントで有名な「NEW GAME」。
新社会人の主人公がゲーム会社に勤めはじめるところから始まる。そこは可愛くて独特のキャラ女の子達がいるなかで主人公が楽しく面白くゆるい感じで学んでいく作品です。作中で遅刻をした理由を問われるシーンがあるが、「朝食に時間がかかった」で許される社会です。アニメ制作監督は、「GJ部」「未確認で進行形」を担当した監督と期待のアニメ。

高校を卒業して就職をする青葉。就職先は幼い頃から遊んでいたゲーム制作会社「イーグルジャンプ」に念願の就職をすることができた。そして憧れだったキャラクターデザインを担当している八神コウと出会う。憧れの人の下で働くことになったが、なかなか上手くいかない。初めてのお仕事なのでしょうがないが、コウや周りの超個性的な先輩社員に助けてもらいながら徐々に成長していく。ゲーム会社で働く女の子たちの日常で非日常な超緩ゆるいお仕事ガールズコメディ。

1話の感想としては動画工房っぽさのでている優しい世界だった。日常系アニメながら現実ではありえない設定ばかりだったので賛否両論だが非日常系として可愛く楽しめた。

TVアニメ『NEW GAME!』PV


2位.jpg

Orange

Orange54648.jpg

http://orange-anime.com/

ちょい時間SF×少女漫画として異色・異例の人気を博した作品となり絶対に視聴する!10年後からの手紙をもとに今を生きる主人公たちが未来を変えようと奮闘していく物語で時間ループというジャンルに入るが、ループではなくリープでもない。が面白い!!
原作は全5巻で完結しており600万部以上を売り上げた大人気漫画。1巻見た時からヒットするとわかる面白さで5巻を駆け抜けていった印象がある。土屋太鳳と山崎賢人の主演で映画化もされており、幅広い年齢層に人気なので内容は知っているよという方もいるかも知れない。間違いなく今期の注目作品となっており監督はシュタインズ・ゲートの浜崎監督など豪華スタッフ。アニメーション制作もコナンやルパン制作のトムスと最大手。男が見ても面白い少女漫画として最近は俺物語などあるが「Orange」については別格に内容が面白いのでアニメにも期待。

高校生の菜穂に突然「10年後の自分」からの手紙が届く。初めは信じていなかったが書かれていることが現実に起き始める。次の手紙を見始めると衝撃の事実が書いてあった。それは、好きになった翔が自殺してしまうこと。翔を失った<26歳の菜穂>の後悔と願いを知った<16歳の菜穂>ができることとは?

1話の感想としては丁寧に作られていて引きが非常に良かった。そしてEDにコブクロといい作品だと素直に思った。翔を救うことができるのか展開がじっくりなので見ていて苦しいが気になる。

関連記事:「Orange(オレンジ)」の聖地巡礼・舞台を比較してみました(長野県)

TVアニメ「orange」PV第2弾


3位.jpg

この美術部には問題がある!

この美術部には問題がある1.jpg

http://www.tbs.co.jp/anime/konobi/

このブログが選んだ2016夏アニメのダークホース枠。知名度は低いが面白くアニメになると映像映えするんではないかと思っている期待作品。内容としては美術部の日常ですが、テンポがいいやりとり、恋愛感情など、もどかしい感じも魅力の作品で人気がでると思っている作品。
主人公は、内巻(男)か宇佐美(女)さんで内巻は、二次元にしか興味ないおかしい奴。そんな変な奴を気になっている宇佐美さんとのやりとりが非常にコミカルで「月刊少女野崎くん」を思い出す。と思ったら、宇佐美さんの声優は、小澤亜李と「月刊少女野崎くん」の佐倉千代ちゃんでキャラクターとしてはピッタリなので期待。
千代ちゃんそのまんまの性格で少し暴力的になったのが宇佐美さんだと思えばいい。今作は、面白そうだが知名度は低く、意外と知らない人が多いので、予習としてコミックウォーカーで原作が3話まで読めるので見てはどうでしょうか。

とある中学のとある美術部。 そこには絵の才能に恵まれながら「最高で理想の二次元嫁」を描くことにしか興味がない内巻と、その彼に対して片思いをする宇佐美ちゃんたち美術部員が楽しい日常を送るちょっと淡く切ない日常系ラブコメディ。

1話の感想としては2人の掛け合いがWORKING!の小鳥遊と伊波さんの掛け合いに似ていて見ていて原作組としても凄い満足できる作品だった。

PV第一弾


4位.jpg

甘々と稲妻

amaama.jpg

http://www.amaama.jp/

特に1話がおもしろい。それほど1話を見て欲しい。内容としては、「うさぎドロップ」を見ている中に「恋は雨上がりのように」を突っ込んでかき混ぜた感じだ。わかりづらいがわかる人はわかると思う。
この作品は、視点が妻を亡くした犬塚先生と生徒の小鳥で、2人の視点が交互に写り、その中を先生の一人娘が繋いで3人で一生懸命にご飯を作りながら物語が進んでいく。純粋に見ていてさみしさが段々となくなっていく様にホッとしてしまう。かなり一押しの作品。幸腹グラフィティというご飯アニメがあったが、全然違う作品になっている。料理が作れないもの同士が料理を作ることによって形成していく家族のかたちを描いているような暖かさを思い出す作品なのでおすすめ。アニメーション制作はトムスとコナンなどを制作している会社とあって原作ファンも安定・安心して見れると思います。
そして、声優は先生が中村悠一、小鳥に早見沙織とぴったりの声優で驚いた。PVではまだ登場していませんので今後に期待。

妻を亡くした小さい娘と暮らす高校教師が、あるきっかけで教え子の女子校生と一緒にご飯を作ることになる。しかしながら誰もご飯を作るのは初心者でご飯を炊くところから娘と教師と教え子の3人で奮闘し、いろんなごはんを作っていく。料理をして大切な人と過ごすということ、当たり前の日常が素晴らしいということを描かれている日常系ほんわかご飯アニメ。

1話の感想としては先生のシングルファザーとしての大変さにつむぎちゃんの寂しい気持ちに胸が苦しくなったが、そこに小鳥が入ってくることで心が温かくなるいいアニメだった。原作よりグッとくるものがあったのでアニメ化して良かったと思う。

甘々と稲妻 プロモーションムービー


5位.jpg

食戟のソーマ 弐ノ皿

食戟のソーマ第二期.jpg

http://shokugekinosoma.com/

第2期!そして一番盛り上がる「秋の選抜」の本番がアニメ化と超期待!第1期では、1年生の優秀な生徒のみ出場できる「秋の選抜」の予選まで全24話ありましたが、あれから1年と3ヶ月経ちました。正直、1期はどこで終わるのか気にしながら見ていて、こんな良いところで終わるのかよ!!と思っていたので、続きが早々に見れるとあって嬉しい。しかもPVより、「秋の選抜」はもとより、その後の話が進みそうなのも楽しみ!
原作は週刊少年ジャンプで連載しており、現在までに19巻で、1期の時はわずか10巻でアニメ化となった大人気料理漫画。料理?料理研究家の森崎友紀も協力しており、様々なアイディア溢れる料理が魅力。また食べる時のリアクションが色々とおかしいと話題。

実家の下町の定食屋「ゆきひら」を手伝う日々を送っていた主人公である幸平創真は、中学校卒業と同時に料理のエリート学校である「遠月茶寮料理学園」に入学することに。そこでは卒業到達率10%以下という厳しい中、退学を賭けた戦いである「食戟(料理バトル)」が日々行われていた。そして秋になると新人戦と呼ばれる「秋の選抜」に出場することになるが、苦戦を強いられ本選にかろうじて出場を決めることが出来た。そこには、ソーマの他に強者ぞろいの7名が肩を並べる。今回第2期のスタートは本選からになる。

1話の感想としては安定して面白さを保っているので今期で一番安心して見れるアニメ。1話2話と決勝に向かって面白さは増していくはず。

TVアニメ『食戟のソーマ 弐ノ皿』 PV


6位.jpg

バッテリー

バッテリーアニメ12.jpg

http://battery-anime.com/

1000万部を超えるベストセラーということで、知らないなって人も表紙を見れば見たことがあるというほどテレビなどメディアで取り上げられてきた懐かしい作品。1996年に創刊と当時凄い本だという単純な感想しか持っていなかった気がするが20年前ということで懐かしいにもほどがある。2000年ラジオドラマ、2007年映画化、2008年ドラマ化とアニメ化だけしていなかったのはなぜなのか?なぜこんなに売れたのか謎が謎を呼ぶほど魅力がある本作は心情・背景の描写に引き込まれる人が多くいる。野球というものを題材にする作品は、主人公などの成長を楽しんだりするものだがバッテリーは違う。女性が書いた野球作品というのもあるが、それとは違い魅力が深い。
今回、アニメ化ということで特徴としては、ノイタミナ枠というとこだけだろう。ノイタミナは一般向けアニメが多いので、この作品はもってこいだと思う。しかし、前前作が「僕だけがいない街」で前作が「甲鉄城のカバネリ」と温度差が凄い。そしてアニメーション制作がZERO-G(ゼロジー)と、どこの会社?って思い代表や取締役を調べたが、どんなアニメになるのか想像がつかないがノイタミナ枠ということもあって期待度は増します。

「原田巧」はピッチャーとして天才的な野球センスをもっていた。中学入学を期に引っ越した先である新田市で巧の全力投球を受け止められるキャッチャーと出会った。キャッチャーは「永倉豪」といい同じく新田東中学校の野球部に入学するが、部員のいざこざや教師たちによる大人の事情などにより感情が溢れ出し、時にはお互いに衝突もし合う。
ピッチャーとキャッチャーというバッテリーの緻密な心理と感情を描いたヒューマンドラマ。

PV第一弾


7位.jpg

ReLIFE(リライフ)

リライフ.jpg

http://relife-anime.com/

1話が意外と好評だった!制作会社が名探偵コナンと一緒で内容も薬を飲んで若返りをしていくという面白い共通点がある。どうしようもないニートが若返って高校生活をやり直すという内容だが、話のテンポと27歳無職・大卒院卒・就職先にトラウマありの主人公が高校生活を送り、まわりの高校生とは一歩引いた心理描写が新鮮で面白い。また10年前をやり直すという誰もが思ったことのある願望をアニメにしているので先がどうなるのか楽しみなReLIFE作品。アニメ化が相次ぐ無料漫画comicoでコミック化して100万部を売り上げている人気ぶり。

海崎新太は入社した会社にトラウマを抱かされ3ヶ月で退職してしまう。就活をしてもダメ、親からの仕送りを断ち切られたときに夜明了に「リライフ」してみないかと誘われる。その内容は1年間高校生活を送る被験者となることだった。

1話の感想としてはEDを含めかなりいい出来だと思う。EDが毎回違い懐かしい曲が斬新で楽しめる。期待以上のアニメとなっているのが現状。

PV


8位.jpg

ダンガンロンパ3 -The End of 希望ケ峰学園-

ダンガンロンパ未来1321.jpg

http://www.nbcuni.co.jp/anime/danganronpa3/

毎週2話放送だぞ!あの独特の雰囲気・テンポが帰ってきます。あれ?「2」はアニメになってないぞ。と思っている人もいるでしょう。その通りです。時間軸は2の続編にもかかわらず、2が飛ばされたのはなぜか?内容を追ってみるとアニメとなったダンガンロンパ1のキャラクタ達が再登場するのが3となります。1で残ったメンバーが再登場する3とあって3年ぶりに人気が沸騰しそうです。アニメ制作会社はラルケと前作と同じ、監督も同じで岸誠二と前作と同じ超有名監督。ペルソナ、ダンガンロンパ、Angel Beats!、ゆゆゆなど数知れず多くの人気作の監督を担当しています。そして今作のダンガンロンパは2部作となっており、「未来編」は夏アニメ7月より放送、「絶望編」も夏アニメ7月より放送とあれ?と思ったのでは?そのとおり毎週2話が同時進行するスペシャル編成となっています。夏アニメ注目の作品になります。

未来編は、生き延びるために裏切り者を探し、極限状態のゲスゲームに、苗木たちが追い詰められていく希望が希望を殺す絶望の物語。絶望編は、人類史上最大最悪の絶望的事件に至るまでの物語として絶望で終わる、希望の物語。

1話の感想としては苗木くんが大きくなっていて物語は中々のおいてけぼり展開だったため、時系列をきちんと見ておかないと厳しい。

「ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園-」PV


9位.jpg

クオリディア・コード

クオリディア・コード.jpg

http://qualidea.jp/

豪華スタッフ、豪華キャストによる豪華アニメ。3人の有名作家が東京・千葉・神奈川とストーリーを分担して1つのものを作る異色の作品となるため、今まで1話をみて判断していたものが、全話みて判断できるものになるので見逃せない作品になりそう。ダッシュエックス文庫×富士見ファンタジア文庫×MF文庫J×ガガガ文庫×ジャンプSQ.が手を取り合う異例のメディアミックスプロジェクト「クオリディア・コード」の本作品。さがら総「変態王子と笑わない猫。」、橘公司「デート・ア・ライブ」、渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」で構成された作家ユニットである"Speakeasy"が原作&脚本を担当するとあって豪華な作品。アニメ制作会社も、四月は君の嘘、冴えない彼女、ソードアート・オンライン、アルドノア・ゼロなど数多くの人気作をだしたA-1 Picturesと豪華の上乗せ。
さらに、OP:LiSA、1stED:ClariS、2ndED:GARNiDELiAと人気アーティストしかいない。豪華だらけで固めたアニメはヒットするのか注目の作品です。ケーキの上の果物やらが豪華すぎて美味しそうだが、スポンジの中身がどうなっているのかわからない作品。

人類の敵にして第一種災害指定異来生物である通称「アンノウン」。その中、冷凍睡眠処置を受けた子供たちは夢を見る。世界を塗りつぶすその夢こそ、未知との戦うための牙。クオリディア・コード。それは世界を掲げる子供たちの物語。東京湾を囲む三都市(東京・神奈川・千葉)だけ守られている日本を舞台に6人の主人公が織り成す異能バトルと重厚的な青春群像劇。
東京をさがら総、神奈川を橘公司、千葉を渡 航が担当し、"QUALIDEA"を作り上げる。

1話の感想としては豪華なケーキだったが中身がスッカスカだった。豪華スタッフだったにもかかわらず作画が荒かったのが残念。

http://qualidea.jp/movie/


10位.jpg

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス

テイルズ.jpg

http://toz-thex-anime.tales-ch.jp/

以前、年末にスペシャルアニメとしてプロローグが放送されたの覚えている?その続きになります。シリーズ20周年記念のゲーム内アニメーションを手掛けたufotableが「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」としてTVアニメーション化。そして今作は、テイルズシリーズの中でも週刊ファミ通でプラチナ殿堂入りするほどの人気作品。2014年の年末には、ゲームのプロローグのようなアニメとしてサブタイトル「導師の夜明け」があった。このアニメ制作は「ufotable」とあって作画に定評があり、FateやGodEaterのアニメ制作としても有名です。「ufotable」が制作するアニメは、作画や動きが圧巻で凄すぎる印象が強く残っています。しかし作画が間に合わずに「GOD EATER」は総集編が多かったですが今回は、どうなるのか心配というのもあるが反面、楽しみな部分が多い。そしてOPは「FLOW」とFLOWがタイアップする作品は、必ず人気が出ているので今作も注目の作品。

人には見えない存在とされる「天族」に育てられた主人公であるスレイ。かつて、人間の誰もが天族を見ることができたという言い伝えを信じるスレイは、古代の謎をすべて解明して天族と人とが共存できる世界を作りたいという夢を抱いていた。そしてなりゆきから石に刺さる聖剣を引き抜き、世界の厄災を払う「導師」となる。そうして夢である共存を目指して大冒険の旅路を踏み出すのであった。

1話の感想としては作画が良すぎて内容が入ってこなかった。GOD EATERのように万策が尽きないことを祈るのみ。

『テイルズ オブ ゼスティリア クロス』PV


title11位.jpg

Rewrite(リライト)

リライト.jpg

http://www.rewrite-anime.tv/

PVを見る限りすごくいいのでは?泣きゲーというジャンルを確立した「Key」作品の「Rewrite(リライト)」がアニメ化となります。Key作品でアニメ化となったのはKanon、AIR、CLANNAD、リトバス!とあり、もとはゲームではないがKey作品なのは、Angel Beats!とCharlotteがあるが、いずれも話題になりヒットしているため今作も同様に注目作品となるでしょう。心配要素があるとするなら、Kanon、AIR、CLANNADは京アニで制作されていたこともあり、京アニ人気も追い風となっていました。
その後、リトバスはJ.C.STAFF、今作のRewriteは「エイトビット」となっています。アニメ制作エイトビットは「グリザイアの果実シリーズ」「インフィニットストラトス」などを制作担当しており、不安はないですが、Keyの世界観が独特すぎるので少し違う感じもありますが、フィットするかもしれない。監督は、「きんいろモザイク」「グリザイアシリーズ」の天衝と期待できる。

緑化都市として栄えた平和な風祭市に年に1回大規模イベントである収穫祭がある。風祭市ではオカルトや未確認生命体など噂になっていることが多く、祭りの催しとして瑚太朗は記事のネタ集めのバイトを始めることになる。そして瑚太朗はオカルト研究会を誘い調査を始めた。瑚太朗にとって軽い気持ちだったはずなので瑚太朗はまだ気付かない。それが誰も知らない『真実』の探求へ繋がっていくことを。───書き換えることが出来るだろうか。彼女の、その運命を。

1話の感想としては、内容がさっぱり思ったが2話は面白い。作画が少し不安だったが内容で乗り切れるはず。

Rewrite / PV第2弾


title12位.jpg

91DAYS

91Days546.jpg

http://91days.family/

夏アニメでは少ない貴重なオリジナルアニメです。アニメ監督は「君に届け」「となりの怪物くん」の鏑木ひろと今まで担当した爽やかな雰囲気とは全く違う「復讐」作品かつ初オリジナルアニメ担当。なんといっても脚本が魅力的。「銀の匙」「僕だけがいない街」と人気作品を担当し続けている岸本卓が今作を担当。アニメーション制作を「デュラララ!!」の2期以降担当した朱夏(前:ブレインズベース)と異色のスタッフが絡まり合う不気味で怖く底気味わるいアニメ。91日間というのは1クールというリアルタイムで進んでいくような内容となるのか。

闇取引が横行するローレスという街を舞台にマフィアに家族を殺されたアヴィリオという男にある日、1通の手紙が届く。その手紙を下にアヴィリオは復讐をしようと決意する。そして復讐を果たすたびに行動するが復讐が復讐を連鎖に巻き込み、運命の91日間が始まる。

1話の感想としては最後の引きもよく今後の面白さを残しながら上々の出来だった1話。見入ってしまったので2話以降失速しないで欲しい作品。

PV


title13位.jpg

ラブライブ!サンシャイン!!

ラブライブサンシャイン.jpg

http://www.lovelive-anime.jp/

みんなの期待度が凄い。人によっては覇権アニメという人もいて人気アニメとなるのは間違いない。ただし必ず人気が出るのでこの順位とする。2013ラブライブ1期、2014ラブライブ2期、2015ラブライブ映画、2016ラブライブサンシャインと着実に怪物コンテンツとなり独走状態を突っ走る大人気アニメ。2014年春のラブライブ!2nd SeasonのDVD,BD1巻の売上は2010年以降で最高の116,266枚を記録している。その後も人気が高まっている中での新ブロジェクトとなる。無印ファンとしては賛否両論あるみたいだがどうなるのか。1話の感想としてはキャラ紹介が一通り終わったという印象。そしてこれからのスクールアイドルとしての活動に対しての障壁が伏線として出てきたので楽しみ。

静岡県沼津市の海辺の町、内浦にある私立浦の星女学院。駿河湾のかたすみにある小さな高校で、2年生の高海千歌を中心とした9人の少女たちが、大きな夢を抱いて立ち上がる。それは、キラキラと輝く"スクールアイドル"になること! 諦めなければきっと夢は叶う──。いまはただ輝きを目指して、がむしゃらに駆け抜けていこう! ここから彼女たちの「みんなで叶える物語」(スクールアイドルプロジェクト)が始まった!

1話の感想としては、初回としてキャラ紹介にしてはまずまずの面白さとわくわくするキャラ紹介。2話はさらにラブライブとして進んでいき面白さが増していく。とりあえず順調だと思っている。

番組宣伝PV


title14位.jpg

レガリア The Three Sacred Stars

レガリア123.jpg

http://regalia-anime.com/

ガールズ&パンツァー制作会社の「アクタス」によるオリジナルアニメがきたぞ!概要は、可愛い系×ロボアニメと題材はクロムクロが前期であっており少し心配だったがPVを見る限り、キャラは可愛い。監督は、演出等を手がけた登坂晋が初監督。スタッフを見る限り、内容ではなく作画等に注目していきたい。特にキャラクター原案は、qp:flapperとガールフレンド(仮)のキャラデザ、天体のメソッドのキャラクター原案が担当とあってキャラクターの可愛さだけは保証できる。おそらく、夏アニメでは一番かわいいのではないかと思えるぐらい。なのでキャラクターにも注目の作品。

12年前、リムガルド王国で起こった事件は大きな謎を残したまま、人々の記憶から忘れ去られようとしていた。時は流れ、主人公ユイとレナの二人姉妹はエナストリア皇国で平穏な日常をおくっていた。ある日、1体の巨大メカがエナストリアを襲う。この日を境に少女達は運命の渦へと巻き込まれていくのだった。

1話の感想としてはキャラの可愛さだけでいいんじゃないかと思いっている。

PV


title15位.jpg

モブサイコ100

モブサイコ10000.jpg

http://mobpsycho100.com/

原作は読まずにまずアニメを見たほうがいい!モブサイコの原作者はワンパンマンの原作者でもあるがために少し主人公の性格が似ていてワンパンマン同様にシュールなコメディ作品となっていて楽しめる。しかしながら原作は絵が微妙なためワンパンマンが好きで入った人がモブサイコを読むとやめてしまう可能性がある。なので原作は読まずにアニメを見るべき作品。さらにアニメとなれば「鋼の錬金術師」やオリジナルアニメとして制作した「エウレカセブン」を輩出している制作会社ボンズが担当と人気制作会社なので期待大。アクションなどの緻密な作画力がうりのスタジオとなっている。

100になると爆発する主人公モブは、超能力を使える普通の学生。モブはとは通常「群衆」「集団」「群れ」といった意味だが主人公として普通の生き方をしようとしているが、超能力を持ちながらも生きていく上でそれは不要だと考えている。そんな不器用な彼を取り巻く様々な人や出来事を描く。

『モブサイコ100』PV


16位1.jpg

魔装学園H×H

魔装学園HHH.jpg

http://www.masou-hh.com/

To LOVEる、ヨスガノソラ枠と言えばわかるだろう。ラノベが原作だが挿絵がおかしすぎてラノベではない。しかしながら人気があるのはキャラクターの可愛さがあっての作品。読んだ感想としては、IS<インフィニットストラトス>に新妹魔王の契約者を加えたような内容。インフィニットストラトスに似ている。おそらくこれは冒頭に言ったとおりの枠なので期待をするところならそこしかなく内容を求めてはいけない。ちなみにキャラデザは、「物語シリーズ」「進撃の巨人」「ストライク・ザ・ブラッド」など多くの作品の作画スタッフが担当と期待の魔装学園H×H。
1話の冒頭からぶっ飛ばしてきて終始、このアニメのペースを保っていたが原作はこんなもんじゃないので今後に期待している。

バトルアニメでありながら改装(パワーアップ、回復)をするためには女の子に○○○をしなければならない。異世界に侵略をされた世界が舞台となる。世界の人類は海上へ逃げ込み、そこで暮らすようになった。そんなある日、姉からの呼び出しで日本とされている海上で異世界の侵略者と戦う女の子と出会う。その女の子が敵との戦いで激しく体力を消耗してしまう。そうなったら人類の未来をかけて○○○しなければならないが・・・。

1話の感想としては、やはりアウトだった。

PV


17位.jpg

アンジュ・ヴィエルジュ

アンジュ・ヴィエルジュ154.jpg

http://ange-vierge-anime.com/

トレーディングカードゲームからアニメ化と豪華スタッフが制作をする期待作。制作会社は、SILVER LINK.(プリズマ☆イリヤ、のんのんびより、バカとテストと召喚獣)脚本はアルドノアゼロ、バカとテストと召喚獣、未来日記の高山カツヒコ。声優は(伊藤 静、悠木 碧、茅原実里、花澤香菜、佐倉綾音、上坂すみれ、早見沙織)と主役級の豪華声優陣が登場する。ほぼ物語というものがないためオリジナルアニメとして期待される作品。

ある日、物語は始まる。世界が凍結され「門(ハイロウ)」が開き3つの異なる世界と融合してしまう。世界の変動から10代の少女たちに不思議な力が宿る。身体能力の向上や超能力「異能(エクシード)」に目覚めるようになった。また同じ時に世界の均衡を司る「水晶」にも異変が生じ始める。この水晶の異変に気づいた4つの異世界は手を組み、超能力など異能(エクシード)に目覚めた少女が世界を救う鍵となるという結論になり、育成と保護に励むようになった。その少女たちが生活を送る「青蘭学園」。ここで少女たちは才能を開花し、世界を救うことができるのか。

1話の感想としては、お風呂入り過ぎでは?戦い以外はお風呂だったのが印象的。面白くはない。

アニメ「アンジュ・ヴィエルジュ」PV


来期の新作 2016春アニメおすすめ期待度ランキング(4月スタート)

2016春アニメランキングtop.jpg今期の2016春アニメおすすめ期待度ランキング(2016年4~6月)をつけてみましたので視聴の参考にしてください。

全アニメ数も50作品の中から15作品を選んで今期おすすめランキングとしています。春アニメの特色としてはオリジナルアニメが7作品と多くなっています。

もう終盤に差し掛かっていますが、視聴しているアニメが減っていることと思います。後半面白くなっているアニメも含めランキングにしています。

正直、豊作すぎて見切れないので、このランキングを見て活用して頂ければと思います。

2016春アニメおすすめ期待度ランキング

2017冬アニメおすすめ期待度ランキング.jpg2017年冬アニメ(1月スタート)のランキングはこちら!

7月からのアニメも予習しておきましょう!意外と豊作だぞ!

156465.jpg7月スタートアニメランキング

21546.jpg7月スタートアニメ一覧


1位.jpg

甲鉄城のカバネリrank.jpg

甲鉄城カバ.jpg

http://kabaneri.com/

 1話の数分見ただけで今期1番に凄い大作とわかる。そして4話では1話以上の盛り上がり。劇場版でいいんじゃないかってくらい凄みのある作品。さすがノイタミナ枠。テレビアニメの新しい方向性を示すべく、2005年4月、フジテレビが"連ドラのような アニメ"をコンセプトに設立した毎週木曜24:55からの深夜アニメ枠「ノイタミナ」。大人気アニメを輩出し続けるノイタミナ枠。「四月は君の嘘」と「冴えない彼女の育て方」が終わってから1枠少なくなったので、また2枠に戻して欲しい。それほど期待している放送枠です。
 そして、今作「甲鉄城のカバネリ」は完全オリジナルアニメで制作会社は、「進撃の巨人」や「終わりのセラフ」を担当した最近注目のWIT STUDIOが担当している。 監督は「進撃の巨人」や「ギルティクラウン」などの荒木哲郎、脚本は「コードギアス 反逆のルルーシュ」などの大河内一楼とここまででも注目・話題性・期待度はかなり高くなる。さらに、キャラデザがサクラ大戦のように一世代古い感じを見受けられるが、戦闘シーンなど迫力が凄みがある。
さすが進撃の巨人を制作したWIT STUDIO。そして1話からは世界観が壮大で丁寧に練りこまれているようで目眩がしそう。舞台設定は江戸時代のような和洋折衷などオリジナル要素が各地に散りばめられていて先の展開がまったくよめない。
火縄銃?蒸気機関?不死の怪物カバネ?カバネと言えば氏(うじ)、姓(カバネ)など関係するのか?カバネと人の間にあるもの「カバネリ」とは?
1話を見るだけでワクワクする設定や作画、戦闘シーンとかなり期待の作品。進撃の巨人と設定が同じだった?そんなことはどうでもいいぐらいに超越していて今期、ここ最近では1番面白いアニメ。

1位に選んだ理由は、キャラの可愛さ。ではないが着物を着た美少女「無名(ムメイ)」。メインヒロインかと思わせた「菖蒲(アヤメ)」。友達の「鰍(カジカ)」。乗務員「侑那(ユキナ)」と様々なキャラクターが可愛い。ということだけではなく、豪華スタッフ・ノイタミナ枠・オリジナルアニメということ。進撃の巨人と類似しているところがあるが制作会社が同じ。劇場で見るアニメ以上に映像が凄すぎる。内容はともかく劇場版並みの作画。この作画を維持できるのか心配レベルですが、そこは豪華スタッフなので安心ができる。詳細は、戻って1位の見どころを見直してくれ。4話ではワザトリというラスボスが登場し神回となり上中下巻の上巻が終了。5話以降の展開がもっとも気になるアニメ。

PV第一弾


2位.jpg

ジョジョの奇妙な冒険 第四部「ダイヤモンドは砕けない」rank.jpg

sehsthy.jpg

http://jojo-animation.com/

 ジョジョ見たことない人にもおすすめだから見てくれ!エジプトでの宿敵DIOとの死闘から11年後。熱すぎた承太郎とDIOの戦闘シーン。今回は第3部の続き、第4部になります。原作は8部まで連載中で今回アニメの主人公は「東方仗助」となりジョセフ・ジョースターの隠し子で、承太郎はジョセフの孫にあたるので承太郎から見たら「東方仗助」は年下の叔父さんになります。舞台はM県S市杜王町(宮城県仙台市)。実は、仙台市には3部で活躍した花京院の名前のとおり花京院地区があり花京院郵便局はグリーン色と分かる人にはわかる。
 今作に関してジョジョ好きは必ず見る作品ですが、第4部は今までのジョジョにない1話完結が多く、3部から続けて見たことない人やまったく見たことがない人にもおすすめできる作品です。そして原作組にも4部が1番好きという人も結構いる(「ジョジョ 好きな部」で検索)。PV見るとわかる人はわかると思うがキャラクターデザインの人が変わっています。アニメーション制作、監督、シリーズ構成などは1,2,3,4部と同じスタッフなのでまた原作愛の感じられるアニメになると思われますが、キャラクターデザインだけは1,2部は清水貴子、3部は小美野雅彦、4部は西位輝実と今作の4部は「輪るピングドラム」、「サーバント×サービス」のキャラデザを担当した西位輝実に変わりますので若干、承太郎なども3部から変化があるかもしれません。3部の人気が高まりすぎて4部の期待も高まりすぎている今期で注目度の高い作品になります。

2位に選んだ理由としては、大人気コンテンツとなったジョジョシリーズということもあるが、今までのジョジョとは違った爽やかOPに人気の第4部。注目度・人気・面白さがダントツで今回が第4部と1~3部の人気のまま保ち続けると思います。そしてなんといっても今作は仙台市が舞台とあって今まで外国が舞台だったのが今回、日本が舞台というところも見どころです。今作は、ジョジョを見たことない人にも今作から見て欲しい作品。今まで見ている私は、単にジョジョ好きといこともあるが「やれやれだぜ」を聞きたくて見ている感もある。

PV第1弾


3位.jpg

Re:ゼロから始める異世界生活rank.jpg

5184231.jpg

http://re-zero-anime.jp/

 ループ世界の魅力にハマってしまった。そして毎話、引きがよく次回が待てない。初回1話目が1時間あるが、話の尺がちょうど良く引き込まれて2話以降も必ず見たいと思われせる魅力があった。3話まで見たが、毎回もう終わったのかと思ってしまうぐらい1話の時間が短く思える。時間ループものです。ループするごとに重ねて話の厚さが倍になっていくのが魅力。しかも2クールもある。時間ループものは「シュタゲ」「時をかける少女」「ひぐらし」など人気作ばかりの王道もので私も好きなテーマです。今作の「Re:ゼロから始める異世界生活」略称はリゼロという小説投稿サイト「小説家になろう」から連載しており、現在第六章まで無料で読むことができます。結構な量ありますが。そしてMF文庫Jでも発行されており今回アニメ化が決定しました。リゼロは時系列wikiのページを作られるほど話が深く練り込まれていて面白い作品です。時系列は見ていくとすごいことになっているので「リゼロ 時系列」で検索してはいかがだろうか(ネタバレ含む)。
 さてこの作品は時間ループということ以上に言ってしまうとネタバレになるので避けますが、アニメーション制作はWHITE FOXと「ご注文はうさぎですか?」や「シュタインズ・ゲート」など人気作品を手がけた会社です。シリーズ構成は「Free!」を担当した横谷昌宏、キャラクターデザインが「selector infected WIXOSS」、「桜Trick」などを担当した坂井久太が担当とアニメーション制作スタッフは期待できます。先行上映の感想としては、若干グロさがあるものの本命のアニメとなりそうなのでアニメランキングとしては、この位置より上でもいいかも。

3位に選んだ理由は、初回1時間あるが、春アニメで注目の時間ループ作品なので見るべき。初回を見て面白いと思ったら、もうあとは話の流れ・話し深さに取り込まれていく。「シュタゲ」「時をかける少女」「ひぐらし」どれかを好きなら見て損はない。なぜループしているのか?なぜ異世界なのか?など謎が解決しないまま進んでいく物語。これからどうなるのか注目の作品。

特報PV


4位.jpg

マクロスΔ(デルタ)rank.jpg

マクロスデルタ1.jpg

http://macross.jp/

 注目されすぎていてハードルが上がっていたが、それを跳ね返すぐらい今期で一番純粋に面白い。3話がマクロスらしい歌に戦闘とマクロスシリーズでは1番に感じられるほど面白い。2話がマクロスシリーズらしく三角関係など今後の展開にかかわる物語が見え始めたため1話より右肩上がり。
 今回のマクロスΔは、春4月スタートアニメなのに冬1月スタートアニメより先行放送が早く話題の作品。Youtube dアニメなどで放送された期待作品。1982年より始まったマクロスシリーズで毎作品人気となり特にマクロスFは大人気作品となった。そして今作マクロスΔだが、話題性などを考慮しても放送後も評価が高いの今作。マクロスΔは歌=戦いと攻守に渡って歌が重要な部分をになっている面が大きくマクロスFなどとは違う。
Δ(デルタ)は、「歌」「戦闘」「三角関係」というマクロスシリーズの3つの要素を含んでいるそうで春アニメでは毎話話題になる作品でしょう。ちなみに作中ではマクロスFの8年後となる。

4位に選んだ理由は、マクロスシリーズなのもあって初めは11位だったが、3話まで見てみるとやはり満足感がある。1話からロボダンス(バルキリーダンス)と、いつものマクロスと同じように予想の斜めをいくアニメ。2話は展開がベタながらも、物語の進みかたが上手く2話で今作の面白さを感じた。3話ではマクロスらしい疾走感があり歌と戦闘シーンが最高の質のいいアニメ。今作では1、2、3話放送後も盛り上がり続けているので順位はもっと上でもいいと思い、11位から4位へ変動。

スペシャルPV


5位.jpg

はいふりrank.jpg

ハイスクールフリート感想.jpg

はいふり感想艦これ21.jpg

http://www.hai-furi.com/

 先行上映に行ったが、1話は必ず見るべき。2話も1話の盛り上がりが尾を引いて話題になっている。カワイイ日常系だと思っていたが他に話題性はある。「ガールズ&パンツァー」「けいおん!」「のんのんびより」のシリーズ構成・脚本を担当した「吉田玲子」とのんのんびより原作者による期待のオリジナルアニメ。ヒットすればガルパン並になるかも。というぐらい期待しぎているほど期待している。
キャラクターデザイン・作画監督は「ソードアート・オンライン」「とある科学の超電磁砲」「僕は友達が少ない」など作画監督を担当した中村直人。
キービジュアルの聖地は横須賀市衣笠山公園となっており、美術がとても綺麗です。背景にはヘッドワークス(ユーフォニアム、劇場版ラブライブなど)が担当しており聖地巡礼にも期待できます。今回の聖地は広島県江田島市にある「海上自衛隊学校」とキービジュアルの神奈川県横須賀市「衣笠山公園」が舞台となっており、特に海上自衛隊学校は艦これと同じ学校が聖地なので2つの聖地巡礼をすることができます。桜の季節からアニメは始まるので是非とも聖地巡礼に行ってはどうでしょうか。よかったら聖地紹介記事を下に載せていますので見てください。と聖地巡礼は置いといて内容はどうなのか?
海洋高校を舞台に戦艦とガルパンの海バージョンだと考えてよさそうです。○○+可愛い女の子と最近ありがちのコンテンツで、そこだけに限定してはいけませんが、やっぱりキャラクターが可愛い。そしてキャラクターの人数はメインキャラクターを含め23人と多くどんなアニメになるか楽しみです。

5位に選んだ理由は、初めは可愛いキャラがガルパンのようなガチの戦艦ものをする可愛い日常系だと予想して行ったら、1話で見事な裏切りにより惹きつけられてしまった。また題名が変更になり、今後はどうなるの?と話題性もあるため2話以降に期待の意味を込め、5位。

聖地巡礼の記事

はいふり聖地舞台.jpg「はいふり」の聖地巡礼・舞台を比較してみた(広島県、神奈川県)


6位.jpg

三者三葉rank.jpg

gguii春アニメランキング21.jpg

http://sansyasanyou.com/

 春アニメは豊富すぎて意外と話題になっていないが、三者三葉に超期待している!というのも「動画工房・日常・原作が4コマ」から織り成すアニメなので間違いない。
大人気制作会社「動画工房」が担当するだけで期待してしまいます。というのも動画工房は人気作品「ゆるゆり」、「GJ部」、「未確認で進行形」、「プラスティックメモリーズ」、「月刊少女野崎くん」、「干物妹!うまるちゃん」と毎回、人気作品を輩出しており特色としては、原作を原作の色を残しつつ映像化して魅せるのが上手い。特に原作が「漫画・4コマ・日常」だと原作以上に可愛く動かせテンポが良く製作陣の原作愛が感じられる。と動画工房の作品を見たことある方は十二分にわかっているはずなのでここで動画工房の良さを語るのは割愛します。
 そして今作、原作が「漫画・4コマ・日常」、さらに今作の「三者三葉」は「未確認で進行形」の原作者荒井チェリーの代表作品となり外れる要素がない。原作の内容も良くも悪くも荒井チェリー。ずば抜けて面白いというわけではないのに原作は12年もの連載を続けられるほど読者を惹きつけるものが「三者三葉」にはあります。スタッフは初監督の木村泰大、キャラデザは物語シリーズやラブライブ、プラメモなど多くを手がけた山崎淳が担当。そしてシリーズ構成兼任脚本は「みなみけ、みつどもえ、ゆるゆり、GJ部、ラブライブ、恋愛ラボ、うまるちゃん」などこれらのヒット作品の脚本を担当した子安秀明と大注目の作品になります。大食い娘・元お嬢様・腹黒委員長が織り成す日常アニメ!

5位に選んだ理由は、前評判は高くありません。というのも他のアニメ作品の注目度が高すぎて話題薄となっているためだと思われます。同じアニメ制作、同じ原作者である「未確認で進行形」になってほしいので上位ランクイン。1話では完全にパン回となっていて、内容はともかく作画の素晴らしさが感じられた1話となりました。さすがに未確認で進行形並みの人気とは言わないが、人気になるであろう作品。

PV第一弾


7位.jpg

僕のヒーローアカデミアrank.jpg

gfdr21.jpg

http://heroaca.com/

 色んなアニメを見てきた人に見て欲しいド直球作品。少年ジャンプでバクマンに匹敵するアニメ化決定の早さ!バクマンも歴代でベスト5ぐらいに早く、僕のヒーローアカデミアは1年半ほどでアニメ化が決定しました。まずキービジュアルなどで視聴判断しないほうがいい作品。というのが私自身が、原作の表紙で対象年齢低そうで見なかったのだが、アニメ化をキッカケに1話だけ見ると、熱くて面白いと思ってしまった。初っ端からアクセル全開で盛り上がりが最高潮に来るため見入ってします。さすが連載開始1年でコミックの売り上げが累計200万部を超えた爆発的人気作品だと感じた。ワンパンマンという凄い熱い2015年秋アニメ作品を知っているであろうか?そのあと冬アニメには熱い作品がなかった!しかし2016春アニメでは、これが熱いアニメとなりそうです!おそらく国内アニメファン以外にも海外ファンもこのアニメで盛り上がるでしょう。実に1クールなのがおしい。そして1話からは展開が少し遅いため、この順位にしました。
 そしてアニメーション制作は、ボンズ(鋼の錬金術師、エウレカセブンなど)と有名製作会社で人気アニメを緻密な作画に定評のある会社でもあります。僕のヒーローアカデミアはボンズにぴったりだと思ったので決まって良かった。好き嫌いなしに1話を見て判断して欲しい作品です。

7位に選んだ理由としては、原作人気から必ず人気が出るので上位にしても良かったが、1話2話合わせて1話にしてほしかった。テンポの遅さなどから7位。しかし、熱すぎる2話。そして3話。1話で切らずに2話、3話と見てほしい作品。

PV第2弾


8位.jpg

huaraqww.jpg

ふらいんぐうぃっち1.jpg

http://www.flyingwitch.jp/

 今期の大切で貴重な日常枠。ほかのアニメが濃すぎるため、ランキングは10位だがもっとランキングは上でも良い作品。そして青森が町おこしの準備運動を始めている。というかスタートを切っている青森県弘前市が舞台の今作ふらいんぐうぃっち。聖地巡礼マップも作成しており、「作品を通じて弘前の魅力を全国に発信いたします。」と観光協会も張り切っている作品。
原作者の地元でありキャッチコピーは「青森で魔女はじめました」。原作は、魔女といっても魔法自体は時々しか出てきません。日常の平穏さが魅力のふらいんぐうぃっち。青森のいいところが十分に出ているので行きたくなりし、街おこしに活用できる理由は見ればわかる。平穏な内容でクスッと笑えるところもあり、そして魔女の宅急便を連想させそうな内容で安定して人気が出そうな作品です。
アニメーション制作はJ.C,STAFF(食戟のソーマ、監獄学園)、スタッフは良いと原作が人気で好きな人も多い。そして主演の篠田みなみは、これが初主演となる作品です。OPがmiwaと一般向けアニメになりそうなのでこれまた人気がでそう。miwaの歌とふらいんぐういっちが絶妙に合う。

8位として選んだ理由は、「田中くんはいつもけだるけ」と同様に今期で貴重な日常系となりますので視聴を続けようと思っている作品。主題歌の良さ、青森という聖地の盛り上がりから8位。2話まで見てみると「田中くんはいつもけだるけ」の方が個人的には面白い。

PV


9位.jpg

坂本ですが?rank.jpg

1850016l132.jpg

http://www.tbs.co.jp/anime/sakamoto/

 反対勢力もすぐに坂本のファンになってしまう。見ると坂本のスタイリッシュさがクセになり毎話楽しみになるでしょう。間違いない!原作1巻から注目を浴びてきた「坂本ですが?」がアニメ化と原作ファンも多い今作です。笑えるスタイリッシュすぎる坂本がアニメ化と期待していい作品。原作知らない方も5分だけ見れば坂本のスゴさがわかる作品。世間では中二病という言葉が浸透してきましたがこれこそ聞いてても見てても恥ずかしくないカッコイイ本物の中二病です。現在原作は4巻発売しており1巻を発売した時点で2013年度「コミックナタリー大賞」第1位、「このマンガがすごい!2014」(宝島社)オトコ編第2位などマンガ賞を受賞してきました。
 アニメーションスタッフは、「銀魂、男子高校生の日常」など色々とぶっ飛んだ監督をした高松信司が担当とぶっ飛んだ原作にはピッタリの監督と楽しみです。監督の色も濃く、原作の色も濃いと交わったら真っ黒になりそうなアニメだ。

9位に選んだ理由としては、やはり知名度と面白さ。1話見てもやはり原作通り面白い。詳細は上記にて記述。


10位.jpg

ジョーカー・ゲーム41.jpg

ジョーカーゲーム12.jpg

http://jokergame.jp/

 騙し合いに心理戦。行動の全てに意味があり、そして謎を解いていく。1話の引きの良さが話題になり視聴者からは高評価。2話が待ち遠しくなり、そして2話は解決と1,2話合わせてジョーカーゲームの礎がここに凝縮されている。3話以降がどんな展開になるのか気になってしょうがない。ジョーカーゲームは柳広司の小説を原作にしたスパイサスペンスでシリーズ累計発行部数は100万部を突破しており、原作は「このミステリーがすごい!」で第2位、第62回日本推理作家協会賞という過去には江戸川乱歩、最近では東野圭吾などが受賞している賞を獲得している人気小説。
 2015年には亀梨和也、深田恭子ら豪華俳優陣で実写映画化にもなった作品です。ただ映画はストーリ、演技が良く脚本が微妙だった印象がある。このストーリーだったらアニメは期待できる作品だと思います。
と思いアニメの脚本を調べてみると「僕だけがいない街」「うさぎドロップ」「銀の匙」「ハイキュー!!」の岸本卓が担当するということで期待しているが岸本卓はノイタミナ枠の「僕だけがいない街」という特に期待しているアニメで非常にシリーズ脚本が大事になってくるアニメを兼任しているので頑張って欲しい。 アニメーション制作はProduction I.G(サイコパス、ハイキュー!!など)と有名制作会社が担当し、1話から本作の力強さというものを感じとれる大期待作品。

10位に選んだ理由は、知名度もあるが、内容の深さと設定の珍しさとアニメの出来の良さ。1話も十分面白いが、2話まで見て評価できるので2話までは見て欲しい。その後の3話がまたアクセントとなってどハマリしてしまう。

PV第2弾


title11位.jpg

くまみこ111.jpg

くまみこ.jpg

http://kmmk.tv/index.html

ダークホースだった。ほのぼのアニメは見る気がしていなかったので視聴すらしない気でいたのに勧められて見たら、今期の日常枠でもっとも笑えるアニメでどハマリしてしまった。巫女と熊のシュールなかけあいに熊のツッコミが面白すぎる。そして巫女と熊の仲の良さは親子でも恋人でもない距離感が何とも言えない面白さとシュールさで惹きつけられて何回も見てしまう。
特に面白いシーンは、巫女が森の中にフカフカな椅子を土にブッ刺し、座り「あきらめない!」と叫んだり、文字に起こすと何をやっているのかわからないが簡単に説明すると巫女と熊の漫才アニメだと思って見てない人は見て欲しい。
田舎のほのぼのさというか不便さを前面に出しつつ、なんとか抗っていきたい巫女と巫女をなだめる熊のかけあいが可愛すぎるので見ていて楽しい。今期ではかなり視聴満足度が高く、毎話おもしろいと高評価を得ているアニメのひとつ

11位に選んだ理由としては、5位以内でもいいアニメ。視聴準備すらしていなかったのに面白すぎてくやしいので11位。ほんとは4位くらいの順位をつけても何ら遜色のない質の高いアニメ。

PV


title12位.jpg

迷家‐マヨイガ‐rank.jpg

 1話、2話はプロローグのようなものだが、3話でも展開が遅すぎる。放送前は後援会設立など話題に耐えなかったが。前評判より放送後は落ち込んでいる作品の一つ。みどころが水島 努(ガルパン、SHIROBAKO)と岡田麿里(あの花、とらドラ)、制作会社はディオメディア(艦これ)が作るオリジナルアニメということで、ここまででお腹いっぱい。春アニメではチェックせざるを得ない作品。そして内容は、閉鎖した村での人間模様とあり、私自身は大好きな閉鎖空間という題。テンポの良いアニメになるのか謎が謎を呼ぶような迷路みたいなストーリーになるのか楽しみだ。「人生やり直しツアー」という胡散臭いツアーに30人の男女が参加するところから始まるが、概要を見ていると次々に登場キャラクターが脱落しそうな勢い。キャラをバッサバッサ切っても面白そう。
水島努監督の作品とあって人気作品となる可能性が高いので、これは見るべき。期待度としては若干高すぎる気がするが、今期の人気作となる可能性は一番高いと思わせるぐらい監督のネームバリューがある。
そしてまさかの後援会が公式より設立されます。3,000円~400,000円の中から選べるプロジェクトコースメニューと初めての試みでいいとおもう。そして400,000円の最高ランクのコースは声優&スタッフと聖地巡礼を巡ることができます。なんだこれ?と言いたくなるが、結構な額が集まっており期待度の現れもあると思います。本作はどうなのか。キャラの設定が一人一人濃すぎて、ミステリアスと、これまたお腹いっぱいになりそうだが。
オリジナルアニメ「迷家‐マヨイガ‐」は、純粋に30人の人間模様から村のヒミツを解いていく本格的なストーリー重視のアニメになりそうなのでかなり期待。

監督:水島努(『ガールズアンドパンツァー』『SHIROBAKO』『監獄学園プリズンスクール』)シリーズ構成:岡田麿里(『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』) キャラクターデザイン:井出直美(『艦隊これくしょん-艦これ-』)アニメーション制作:ディオメディア(『艦隊これくしょん-艦これ-』)

12位に選んだ理由としては、全然面白くないが前評判が高すぎたため1、2、3話放送後に盛り上がりがなくなっている。1、2話が説明回がありテンポが悪いが今後、内容重視のオリジナルアニメと思いながらも期待している。監督・構成は誰もが見たことあるアニメの作品を手がけいるが、キャラクターが多く出過ぎるのが難点。後半にかけてキャラクターがバッサバッサ居なくなりそうなので後半まで様子見のアニメ。


title13位.jpg

クロムクロjgmv.jpg

徐々に面白くなっていくので最終話までP.A.WORKS15周年記念作品ということで期待だけしておきましょう。1話からはワクワク感がなかったが、2話は本格ロボアニメでP.A.WORKSらしくないが、戦闘シーンなどアルドノア・ゼロを思い出させるような地上戦で良かった。あとがたりは後に取っておこう。放送終了後に話題沸騰というのを期待している。
監督 岡村天斎 × アニメ制作会社P.A.WORKSという人気者と人気アニメーション制作と、この組み合わせは今までになかった。少し「凪のあすから」で繋がっていたぐらいの真新しい組み合わせだ。
順に説明すると岡村天斎は「七つの大罪」、「世界征服 謀略のズヴィズダー」の監督をしている。そして制作会社P.A.WORKSと言えば知っている人は多いのでは?P.A.WORKSは、「Angel Beats!(2010年)」「花咲くいろは(2011年)」「TARI TARI(2012年)」「SHIROBAKO(2014年)」「Charlotte(2015年)」と人気作品と聖地巡礼で有名な制作会社だ。この会社の作るアニメはこの私も好きで多くの聖地巡礼をしているので暇があったら見て欲しい。
そしてこの「クロムクロ」も富山の黒部ダムが舞台となっている。P.A.WORKSの本社が富山なのでいつかはなると思っていた。
P.A.WORKSのP.A.は「Progressive Animation」と革新的アニメという意味があり、今作のクロムクロは今までになかった主人公がおっさん?(キャラ紹介では青年)、本格的ロボアニメというところがあり違った方向を期待せざるを得ない。

13位に選んだ理由としては、P.A.WORKSと人気アニメーション制作でしたが、1話を見た所感としては、やはりロボではなくP.A.WORKSらしい雰囲気のアニメを作るべきだったと思い13位にランクイン。オリジナルアニメと今後の大逆転に期待。


title14位.jpg

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?春アニメランキング.jpg

現実と非現実があいまいな女の子となぜか好かれた男の子が周りを巻き込み恋や友情に突き進む今期の貴重なラノベ枠。ネットゲームオタクのリアルを描いた上での理想の現実となっており、こうなればいいなーと思う世界を書いてあるように思えます。初めは、いつものラノベかと抵抗があったものの3話、4話と見るにつれて慣れてくる。1話を見た後にマニアックな感じがしたのと、1話で最終回を迎えるほどの物語で。なかなか2話が進まなかった。逆に日常からファンタジーになるのではなくファンタジーから日常になるという設定は新しいかも。ネットゲームの事は知らなくても、そうなのかと楽しめる。原作の絵とはまったく違ったキャラデザになっており矢野茜(ニセコイ、グリザイアの作画監督)とアニメ絵になって見る印象がいい方向に変わった気がする。気になる人は、コミックの1話はコミックウォーカーで見れますのでチェックしてはいかがでしょう。

14位に選んだ理由としては、今期ラノベ枠が少なかったことと予測不可能な恋模様なので見てみようと思ったら意外と慣れてきたことにあります。田中くんはいつもけだるけの方が後半伸びそうだが、話題性も加味してこの順位。


title15位.jpg

田中くんはいつもけだるげ12354.jpg

まさか白石さん(ピンク髪の女の子)が登場する前に視聴を止めたりしてませんか?
毎話新キャラが出てきて、そのキャラがアクセントとなり回を重ねるごとに面白さを増していくので田中くんと世話役のアニメかーと言って1話で見るのを止めた、また見ていないなどしているともったいないぞ!
主人公がかなりだるそうで静かだが、相方というか世話役がかなり主人公の魅力を引き立たせるツッコミ役となってて漫才をしているよう(まるでとらドラの高須竜児)。そして毎話登場する新キャラの個性とギャップが際立っていて可愛い。可愛いキャラが登場し続ける今期の箸休め作品。
アニメーション制作がSILVER LINK.(バカテス、ココロコネクト、プリズマ☆イリヤ、のんのんびより)、原作のタッチが細いのでキャラデザが誰になるのか期待していたが、飯塚晴子と「がっこうぐらし!」や「たまゆら」のキャラクターデザインが担当と個人的には良かったと思った。監督ものんのんびよりを担当しており、スタッフ・アニメーション制作会社共にこの作品と合っていると思うので期待。


15話に選んだ理由として、期待通りの面白さ。って視聴していない人はいるのか?1話でやめた?1話では、この原作がかなり人気があることがわからないだろう!ぜひとも4話(白石さん登場回)まで見ないとこのアニメの良さがわからないぞ!


16位.jpg

文豪ストレイドッグ.jpg

女子向けだという印象が強いがそんなことないぞ!万人受けする内容だし、アクションシーンには迫力があるのでバトルシーンが今後多くなるので楽しめるはず。というのも原作が面白く、最新巻まで読んでいるのだが進むにつれて文学に関する新キャラが多く出るので実のところアニメでやっている物語らへんが一番面白いところではある。文学設定というところも面白いが、文学設定であるがゆえに安っぽさも感じてしまうのは自分だけだろうか。十分にオリジナル設定でも面白くなりそうではあるが。アニメーション制作はボンズと人気制作会社。孤児院を追い出され、ヨコハマの街を彷徨っていた中島敦。このまま野垂れ死ぬか? いや、何をしても生き延びてやる――。盗っ人やむなしと決意した矢先、川を流されていく奇妙な男と遭遇する。どこか飄々とした自殺マニアの名は、太宰治。噂に聞く異能力集団「武装探偵社」の社員だった。

16位に選んだ理由として、原作以上の出来の良さアクションシーンの良さが魅力となっている。


他には、7話にしてやっと神回に遭遇した「あんハピ♪」はキャラクターの可愛さのみで見続けているアニメ。内容は薄いのに可愛さだけで残り続ける珍しいアニメだと思う。後半戦になって尻上がりに面白くなっていく「キズナイパー」は制作会社トリガーとあってキルラキル並みの期待をしてしまったが、さすがにそこまでには至らず前半は面白くありませんでしたが、7話ぐらいからキャラクターの特徴がよく出てきて青春さが濃くなっていくにつれて内容も濃くなってきました。

今期のアニメランキングとして今期は類を見ないほど満遍なく人気作品が多いクールになったと思います。おそらく多くのアニメを視聴して多くのアニメを削ったクールだと思います。ビックネームは数少ないものの平均的に全体の春アニメが面白く、私自身第6話と折り返しまで進んでも多くのアニメを視聴し続けています。ビックネームが多かった年といえば、2014年春アニメでラブライブ、魔法科高校の劣等生、ご注文はうさぎですか?、ノーゲームノーライフなどに比べて人気が多い作品があるため見るものが多く、毎週録画したアニメが溜まってる印象です。そんな春アニメなので厳選して選んでみました。

来期の新作 2016冬アニメおすすめ期待度ランキング(1月スタート)

2016冬アニメ期待度ランキングTOP.jpg

今期の冬アニメ(2016年1~3月)のおすすめ期待度ランキングをつけてみましたので視聴の参考にしてください。

これらのランキングは運営者達が原作を読んだ上で、「公式サイト情報」、「スタッフ&キャスト」、「制作会社」、「原作」、「PV」などを見て期待・オススメできそうなアニメのランキングをつけました。

最近は、2016アニメおすすめランキングとして検索していただいている方が多いため、2016年の4月スタート・7ガツスタートアニメのランキングは後述にて記載しています。

またランキングでは毎クール50作品ほどあるので、その中から厳選して15作品ほどを選んでいます。

2016アニメおすすめランキング

7月からのアニメも予習しておきましょう!意外と豊作だぞ!

156465.jpg7月スタートアニメランキング

7月からは、マンガ原作ものが熱い期間になるでしょう。なんといっても「NEWGAME」「Orange」「甘々と稲妻」と絶対アニメ映像として動いたほうが面白くなるだろう!と思う作品が多くあります。なのでマンガの予習をせずに7月スタートアニメに放送されるのを待ってから原作を読むのもアリだと思います。そして続編シリーズものでは「食戟のソーマ」「ラブライブ」「七つの大罪」など人気作品だったものの続編が放送される期待の期間となりそうです。

春アニメ4月スタートアニメについても全作品のみどころ、期待度ランキングの記事を作成しましたのでご覧下さい。

2016来期top.jpg来期の新作 2016(4月スタート)春アニメおすすめ期待度ランキング

春アニメは「甲鉄城のカバネリ」「ジョジョの奇妙な物語」など放送前から話題作だった作品が放送後はさらに一層盛り上がりを見せるなどかなり豊作な時期です。そして、放送前は注目されていなかったダークホース作品の「くまみこ」や原作が人気過ぎてアニメ化は大丈夫かと思っていたが放送後も人気を保った「坂本ですが?」やシリーズもので一番面白かったんではないかと思わせるような「マクロスΔ」。全作品、58作品もあるのでなかなか多い春アニメなので、ぜひとも見たほうがいい作品をランキングにしてみましたのでご覧下さい。


1位.jpg

僕だけがいない街

僕だけがいない街 聖地北海道1.jpg

http://bokumachi-anime.com/

あらすじ・みどころ.jpg

 内容だけなら間違いなく今期一番面白い作品。そして毎クール期待のノイタミナ枠となります。原作はコミックスで現7巻まで出ており「マンガ大賞2014」第2位と大人気作です。今回のアニメ化に合わせて3月より藤原竜也、有村架純で実写映画化が決定している僕だけがいない街。
 ネタバレをせず原作を読んだ感想は、まず絵が微妙で、主人公もキャラが弱く、1つの事件を追うのか!と思い読むと、思った以上に非現実的な能力を使う主人のキャラと物語がかなり、凄く、めっちゃ面白い。
題材は現実的なある事件の話しで非現実的な能力を使い、物語自体を解決に導き掘り下げていく。主人公の心情がかなり描かれていて実際その場に身を置いているかのような臨場感のある面白さがある今期の期待作品です。ストーリーだけなら今期で一番の作品です。
というか原作だけなら今期で一番ハマった作品です。原作自体もまだ事件解決には至らず、1巻1巻発売されるたびに目まぐるしく変わる物語に早く解決をしてほしいと思いながら読んでいます。原作8巻は春発売で原作と同時終了となります。
そしては声優は、藤沼悟は土屋太鳳(子供)、満島真之介(大人)と人気女優俳優が担当とさすがノイタミナ枠。さらにOPは「ASIAN KUNG-FU GENERATION」が担当ノイタミナは女性など一般向けアニメと主張しているだけあってアニメ人気の幅を広げる作品を作ろうとしています。
また1話ではなく3話など進めば面白くなると思うので1話で切ってはいけない作品です。

上手くいかない現実を抱えた青年は、日々もがき続ける。自らの身にのみ起きる【時が巻き戻る】という不可思議な現象も、青年の不満を加速させていた。...だが、それはある日を境に変わった。大きな事件が、青年の周囲を否応なく変化させていく。「同級生の少女の死」「連続誘拐殺人事件」「救えなかった友人」「犯人の正体...」。"過去"に起きた出来事に向き合う時、青年の"今"が動き始める...!!

作品PV

「僕だけがいない街」を見るなら「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス がおすすめです


2位.jpg

この素晴らしい世界に祝福を!

この素晴らしい世界に祝福を!1.jpg

http://konosuba.com/

あらすじ・みどころ.jpg

いつものラノベで異世界か。と思ったらかなり笑えて面白く、個性的なキャラたちが集まっていくダークホース作品でした。期待度ランキング放送前は10位にしていました。完全に「めぐみん」の可愛さが盲点だった。爆裂魔法にポンコツ女神、どMと面白すぎるパーティー。面白すぎるパーティだが、どこかありきたりなキャラ達の設定と思うだろ?見てみるとテンプレキャラ史上、最高に笑えるアニメです。
主人公の声優、福島潤(弱虫ペダルの鳴子など)がヒロインのアクアの声優である雨宮天との絡みが面白く漫才をしているよう。10話終了予定だが終わってほしくない作品。
監督は金崎貴臣(これはゾンビですか?)、アニメ制作はスタジオディーン(桜Trick) と今期、ここ最近の定番ラノベ枠では頭ひとつ飛び抜けた面白さ。なんといってもテンポがよくメインキャラクターが面白い。放送枠がかなり多いような気がしたのも納得の作品です。

ゲームをこよなく愛するひきこもり少年・佐藤和真の人生は、交通事故(!?)によりあっけなく幕を閉じた......はずだったのだが、目を覚ますと目の前に女神と名乗る美少女が。「ねぇ、ちょっといい話があるんだけど。異世界に行かない? 1つだけあなたの好きなものを持って行っていいわよ」「......じゃあ、あんたで」ここから異世界に転生した和真の魔王討伐大冒険が始まる......と思いきや、衣食住を得るための労働が始まる! 平穏に暮らしたい和真だが、女神が次々に問題を起こし、ついには魔王軍に目をつけられ!?

3位.jpg

ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~

ハルチカ11.jpg

http://haruchika-anime.jp/

あらすじ・みどころ.jpg

今期の大注目アニメとなるハルチカ(スタッフが)。アニメーション制作はP.A.WORKSと「Angel Beats!」「花咲くいろは」「SHIROBAKO」「Charlotte」など大人気作品を出し続けるアニメーション制作が担当しているので制作会社だけでも期待。そして原作は「学校」「ミステリー」「吹奏楽部」が題材で予想以上にストーリ、ハルチカコンビ(ハルタとチカ)が織り成す物語が進むにつれて成長というか仲間が増えていく話が面白い。原作のハルチカシリーズは退出ゲーム、初恋ソムリエなど5作あるが全てつながっていて1冊の中に複数短編集があり、読みやすくオススメできる面白く不思議なミステリー小説です。監督は「TARI TARI」の橋本昌和など豪華なスタッフ。OPはfhánaと人気アニメのタイアップをしている人気アーティストが担当。EDは「ガールズ&パンツァー」、「氷菓」などのOPを担当したChouChoとOPEDどちらも人気アーティストが担当。そして月刊少年エース12月号よりハルチカの漫画版も始まります。
高校生コンビが問題を解決していく青春ミステリーとして謎解きも面白く、アニメ化に携わるスタッフも良いと面白くないはずがない作品になると思います。

廃部寸前の弱小吹奏楽部で吹奏楽の甲子園「普門館」を目指す、幼なじみ同士の穂村千夏(チカ)と上条春太(ハルタ)。練習に励んだり新入部員の獲得に熱を入れたりと賑やかな日々だが、さまざまな謎が持ち上がり......。初野晴による大人気青春ミステリが、豪華スタッフで2016年アニメ化決定!

作品PV

ハルチカとp.jpg「ハルチカ」の聖地巡礼・舞台を比較してみた(静岡県)


4位.jpg

灰と幻想のグリムガル

灰と幻想のグリムガル1.jpg

http://grimgar.com/

あらすじ・みどころ.jpg

 前評判以上の面白さ。「4話」までは必ず視聴すべきアニメ。生々しくシンプルで王道の話。そしてシリーズ構成とテンポが独特すぎて初めはテンポが悪いと思うだろう。しかしこれがクセになり、この世界観が「灰と幻想のグリムガル」独特だとわかる。こんなに雰囲気を味わうアニメは初めてな気がする。今までのアニメではないのでこのランキング以上にしてもいいぐらい。
ストーリーが等身大すぎる話しで登場人物の死が身近になり、アニメ化となって戦闘シーンが楽しみな作品。昔のRPGゲームをしているかのように弱い主人公パーティーが強くなっていく話なのでここ最近では珍しいシンプルで真っ直ぐなアニメになるでしょう。そして作画、動きが良く女の子が可愛すぎる。1クールの12話で終わるのが惜しい。
 人気作品を出し続けるA-1 Picturesが担当しており、A-1と今作のような冒険アドベンチャー系はソードアート・オンラインや七つの大罪などがあり、この流れからすると期待大。監督は四月は君の嘘、ばらかもんなどのオープニングアニメーションを担当していたアニメ演出家の中村亮介が担当している。

キャラデザも細居美恵子とアニメを見る人にはお馴染みの方なので馴染みやすいキャラクターデザインでしょう。
生きるって、簡単じゃない。目が覚めると、ハルヒロは暗闇の中にいた。ここがどこなのか、なぜここにいるのか、そしてどこから来たのかもわからないまま。周りには自分と同じ境遇らしき数名の男女。彼らとともに暗闇から踏み出した先には見たことのない世界、「グリムガル」が広がっていた......。記憶も、お金も、特別な力も──、何もない僕たちが手に入れた現実。

5位.jpg

無彩限のファントム・ワールド

無彩限のファントム・ワールド1.jpg

http://phantom-world.com/

あらすじ・みどころ.jpg
アニメーション制作が京都アニメーションと人気制作会社だけに視聴が決定してしまうほどの注目作品。原作は京都アニメーション大賞小説部門奨励賞の受賞と、今まで「境界の彼方」、「中二病でも恋がしたい!」などが受賞している賞になります。監督は有名な石原立也(「涼宮ハルヒの憂鬱」「中二病でも恋がしたい!」「響け!ユーフォニアム」)などスタッフも豪華と非の打ち所のない。しかし原作の内容としては今までの京アニにはない萌え要素が強すぎるため下品さもあり、そこが不快になっているという感想もあるためアニメ化ではどこまで緩和されて映像化となっているのかもみどころです。なので今までの京アニになかったジャンルの作品と捉えて見るのか吉だと思います。舞台は鎌倉市となっており、学校は京都府と今作も聖地巡礼アニメとなっているのでさっそく聖地巡礼に行ってきました。

『ファントム』──それは幽霊・妖怪・UMAなど、人々がそれまで〝幻〟だと思い続けてきた存在。そのファントムに対抗するため学園に設置された『脳機能エラー対策室』。そこに所属する一条晴彦は、先輩の川神舞と共にファントム退治に日々悪戦苦闘していた。そんな彼らの元に、今日もまた依頼が飛び込んでくる──。魅惑誘惑幻惑の学園異能ファンタジー。KAエスマ文庫「無彩限のファントム・ワールド」待望のアニメ化!!


作品PV

無彩限のファントム・ワールド聖地舞台鎌倉江ノ島.jpg「無彩限のファントム・ワールド」聖地巡礼・舞台探訪をしてみた(鎌倉・江ノ島など)


6位.jpg

だがしかし

だがしかし.jpg

http://www.tbs.co.jp/anime/dagashi/

あらすじ・みどころ.jpg

懐かしさと駄菓子を久しぶりに食べたくなるアニメ。ほたるとサヤ師を見るアニメになっている。
うまい棒、きなこ棒、ヨーグル、ブタメン、くるくるぼーゼリーなど小さい頃に食べたことのある駄菓子ばかり出てくるので懐かしさや、駄菓子屋と田舎を舞台に駄菓子の魅力ってか雑学などを含んだコメディで原作は1話完結です。原作を読んでから再度、駄菓子を買って駄菓子の良さを再確認させてくれる作品。
なんといっても枝垂ほたる(CV.竹達彩奈)が駄菓子好きすぎておもしろい。そして「だがしかし」の公式ツイッターは毎日駄菓子を紹介しておりフォロワー数も多いのがアニメの期待度現れていると思います。

家業の駄菓子屋を継ぎたくない鹿田ココノツは夏休みのある日、駄菓子マニアの不思議な美少女・ほたるに出会う。実在の駄菓子とともに少年×少女のおかしな夏が今始まる! 美味し懐かし駄菓子コメディー、お腹いっぱい召し上がれ!!

dagasitiba.jpg「だがしかし」の聖地巡礼・舞台を比較してみた(千葉県)


7位.jpg

最弱無敗の神装機竜

最弱無敗の神装機竜(バハムート)1.jpg

http://saijaku.jp/

あらすじ・みどころ.jpg

期待しているGA文庫10周年プロジェクト作品の第4弾なります。なぜ期待かと言うと、第1弾は「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」、第2弾は「這いよれ!ニャル子さんF」、第3弾は「落第騎士の英雄譚」となにかと話題な作品を輩出しているGA文庫作品だからです。ただ内容としてはいつものシリーズになりそうな点がいくつかあり、「女子生徒だけの学園に1人の男子生徒」、「無敗の最弱」、「IS(インフィニットストラトス)に似ている」などなどなど。
しかしキャラデザなど可愛く作画は良さそうなのでその点は楽しめそうです。そしてアニメ制作は最近よく目にするラルケ(「乱歩奇譚 Game of Laplace」、「がっこうぐらし!」)が担当、監督は「がっこうぐらし!」の安藤正臣とこれまた一味違ったラノベアニメになりそうなのでかなり期待。また落第騎士の英雄譚が人気なので続く可能性あり。

遺跡から発掘された、古代兵器・装甲機竜≪ドラグライド≫。
かつて、最強の機竜使い≪ドラグナイト≫と呼ばれた亡国の王子・ルクスは、滅ぼされた旧帝国の罪を背負い、様々な雑用を引き受ける事で恩赦を受けていたが、何故か機竜使い≪ドラグナイト≫育成のための女学園に入学することになり......!?
王立士官学園の貴族子女たちに囲まれた、"最強"の学園ファンタジーバトル、開幕!

作品PV


8位.jpg

昭和元禄落語心中

昭和元禄落語心中.jpg

http://rakugo-shinju-anime.jp/

あらすじ・みどころ.jpg

第17回「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門優秀賞、第38回「講談社漫画賞」一般部門を受賞している作品です。講談社漫画賞は言わずとも知れた大ヒット作品ばかりが受賞しており、今まで一般部門は監獄学園、3月のライオン、宇宙兄弟など多くのアニメ化や実写化となっている賞になります。また初回は1時間スペシャル&Yahooニュースで取り上げられるほど期待されている今作。そして私も落語アニメと期待している作品。2005年に「タイガー&ドラゴン」というドラマ(TOKIOの長瀬智也とV6の岡田准一主演)で落語が好きになったので昭和元禄落語心中の原作(漫画)も読んだが個々の人間が色濃く、主人公を囲む人間関係が面白い。公式ウェブの人物相関図を見ているだけで面白い作品。これは今期の期待作品の1つ。
あと凄いのが林原めぐみがOPを担当し椎名林檎がプロデュースをするというOPにも注目のアニメ。

昭和最後の大名人・有楽亭八雲に、押しかけ弟子入り志願した元チンピラ・与太郎。内弟子など一切取らぬはずの八雲が、何のきまぐれか与太郎を受け入れることに......。そこから始まる、夭逝した伝説の天才落語家・助六と、彼の影を追いながら一人落語界に残された八雲の、知られざる因縁噺とは――!?

作品PV


9位.jpg

少女たちは荒野を目指す

少女たちは荒野を目指す.jpg

http://shokomeza.com/

あらすじ・みどころ.jpg

原作は、タカヒロが企画の期待作!タカヒロは「アカメが斬る!」の原作、「結城友奈は勇者である(ゆゆゆ)」のプロデューサーで2013年に今作の企画立ち上げをし今回アニメ化となります。
アニメーション制作は、project No.9(ロウきゅーぶ!、最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。)が担当。
ネタバレを避けつつ内容はというと原作体験版プレイ(2016年3月発売)しただけだが、主人公が憧れの黒田砂雪が美少女ゲームの制作を誘われ、メンバーを集めていくという話し。
最初は美少女ゲーム作成?「冴えない彼女の育て方」か?と思ったが、それ以上にがっつりゲーム制作を目指す話でした。ここまでの話だが、まだ卒業後も話が続くのでアニメ化では、
1クールだとかなり内容の詰まった話になるでしょう。感想は美少女ゲーム制作を題材としているが「げんしけん」という漫画のようにリアルな話しでまあまあ面白い。

神奈川県、金沢百景。学園生である北条文太郎は将来何になりたいか、明確な夢が無かった。
わずかな焦燥感を覚えながらも、友達と賑やかに過ごす日々。
そんなある日、気になっていた異性のクラスメイト「黒田砂雪」から、美少女ゲームを制作し
発売するから、手伝って欲しいと頼まれる。
砂雪は、文太郎が演劇部のために書いたノリのいい脚本を見て、彼をスカウトしに来たのだった。
突拍子も無い話であり、文太郎はそもそも美少女ゲームに全然詳しくない。だが、実現・成功できる
力とビジョンを、砂雪は持っていた。
問題児だらけの人材の中で、ゲームは作れるのか。売れるのか。何を得られるのか。
果てしなき荒野に、若者達は片足を突っ込んでいた―。

作品PV


10位.jpg

ラクエンロジック

ラクエンロジック感想.jpg

http://luckandlogic-animation.com/

あらすじ・みどころ.jpg

アニメーション制作は、アニメーション制作が動画工房と最近、人気作品(「ゆるゆり」「GJ部」「未確認で進行形」「月刊少女野崎くん」「干物妹!うまるちゃん」)を続出している制作会社が担当ということで期待が出来ると思います。
期待できると思っているんですが、「オリジナルTVアニメ×トレーディングカードゲーム」ということでいつもの日常アニメではないのが少し心配。PVも見る限り動画工房っぽさがでている作画で、スタッフ・キャストは豪華なんですが、他のコンテンツと販促の意味で制作しているアニメは過去にケイオスドラゴンがヒットしなかったのが不安要素。それを言えば、
同じトレーディングカードゲームでウィクロスは成功したので続けばアニメ化の幅がさらに広がると思い、要はわからない。PVを見た感想としてはキャラデザに馴染みがなく、読まず嫌いではなく見ず嫌いとなりそう。慣れれば面白いかと思うので1話は視聴する予定の今作オリジナルアニメ。

L.C.922年、人々は空前の危機に直面していた。神話の世界テトラヘヴンの百年戦争終結後、敗戦を喫した魔神たちが新たな安住の地を求め、人間界セプトピアへと襲来。異世界の使者(フォーリナー)から街を守る宿命を背負う警察特殊機関ALCA(アルカ)所属の若きロジカリストたちは、望むと望まざるとにかかわらず政府によって街と人々を守る使命を強制され、特殊能力によって異世界の女神たちと合体(トランス)し、戦場に身を投じていく。ある『ロジック』が欠落しながらも家族と幸せな生活を送っていた民間人・剣(つるぎ)美(よし)親(ちか)はある日、魔神に襲われた人々を懸命に避難させる中で、美しき女神アテナと出会う。彼女が手にしていたのは、美親が失くしたはずの『ロジック』だった。そして美親はアテナと共に思いがけない運命へと導かれていく。若きロジカリストたちの『運(ラック)』と『論理(ロジック)』に、世界の未来が託された──。

作品PV


title11位.jpg

虹色デイズ

http://rainbow-days.tv/

あらすじ・みどころ.jpg

大人気コミックスが待望のアニメ化です。少女漫画ですが男子高校生4人の日常を描いたコメディです。決して、男子高校生の日常とは違いリア充の男子校生となりますが、4人の個性がテンプレート通りだがうまく絡み合っていて、メイン女子キャラは無口でおとなしい杏奈とよく行動を共にするまりの2人が出てくるのだが、どちらも男子校生に負けず個性が強いのが特徴。原作は絵が可愛く綺麗で、ストーリー自体も個性強いキャラしか居ないのにまとまっていて少女漫画だが男も楽しめる作品となっています。というか男でも面白いので、1話だけ見れば視聴を続ける作品だと思う。

別冊マーガレット連載作品は他にも、「俺物語!!」や「君に届け」、「アオハライド」と過去にアニメ化になっている人気作もあるため今回も注目の別冊マーガレット枠。次は別冊マーガレットの「ReReハロ」、「360°マテリアル」の南塔子さんの原作がアニメ化となってほしい。

『虹色デイズ』は夏樹・智也・恵一・剛の男子高校生4人組の日常を描いた作品。4人揃って部活動もなし、勉強もそこそこに、楽しい毎日を過ごす中、やはり目下の関心事は恋愛! 違うクラスの杏奈に、夏樹が片想いをする所から物語がスタートする青春学園ストーリー。

title12位.jpg

蒼の彼方のフォーリズム

あらすじ・みどころ.jpg

原作は萌えゲーsprite(「恋と選挙とチョコレート」など)によるPCゲーム「蒼の彼方のフォーリズム(あおかな)」がアニメ化。原作はグリザイアの果実のシナリオスタッフが手がけており、期待通り面白い。学園ものと架空スポーツが題材となっており、とある島が舞台のストーリです。原作紹介のジャンルは「少女たちが空を駆け、恋を知るADV」と空を駆け?と思うが、フライングサーカス(FC)という「空を飛ぶことが、自転車に乗るぐらい簡単にできる世界。そこで流行しているスポーツ "フライングサーカス"」に青春を燃やすヒロインとの恋愛物語です。
そして島など背景がばらかもんみたいで綺麗なのもみどころ。というのも同じ五島列島が舞台となっている。題材自体は面白いのでアニメではどれだけ作画がいいのかが注目している。主題歌は原作も担当している川田まみだが声優は原作とアニメは異なる。原作は面白いので気になる人は公式ウェブで原作を3話まで体験版とプレイムービーがあるのでみてはいかがでしょうか。
ツイッターのフォロワー数からはかなり期待される今作です。

2月にはPSVITAで発売されるがこちらも期待。空を飛ぶことが、自転車に乗るぐらい簡単にできる世界。そこで流行しているスポーツ "フライングサーカス"。かつて、そのスポーツで将来を期待されていた主人公は、圧倒的な敗北による挫折と、ある理由からそこを離れていた。だが、転校生である倉科明日香と出会い、空の飛び方を教えるうちに昔の熱が戻ってくる。
立場が変わっての "フライングサーカス" への出場。明日香の手を握った主人公は、今度はどこまで高く飛べるのか。
"空を飛ぶ" ことを巡って出会ったふたりと、その仲間たちが贈る青春恋愛物語。

作品PV


title13位.jpg

アクティヴレイド-機動強襲室第八係-

オリジナルアニメですよ。しかも2期は7月スタートアニメ!総監督は谷口悟朗「コードギアス反逆のルルーシュ」、監督は秋田谷典昭「城下町のダンデライオン」、アニメ制作はプロダクションアイムズ「デート・ア・ライブ」「いなり、こんこん、恋いろは。」、OPは、AKINO with bless4「アクエリオンなど」、キャラデザは西田亜沙子「ラブライブ」、声優は豪華なメンバーと完全新作アニメながらスタッフ・キャストは有名なメンバーと
PVからは作画もよく期待できそうな作品。そして3DCGはコードギアス、ごちうさなど有名な作品を担当しているオレンジとなっています。爽快バトルアクションの今作は放送前からハードルが上がりすぎている気がするが楽しみな作品です。

第三次流砂現象によりその一部が泥濘に沈んだ東京。
復興作業用に作られた、高出力・強化外骨格<ウィルウェア>を使った犯罪の増加に対処すべく、警察庁警備局は、その吉祥寺分室に第五特別公安課第三機動強襲室第八係──通称<ダイハチ>を新設した。様々な法的制約としがらみに縛られながら、知恵と勇気と口八丁で凶悪事件に挑む若者達(一部を除く)! 決裁完了、出動せよ!

PV


冬アニメの特色として「ハルチカ」、「無彩限のファントム」と、人気アニメーション制作が担当と前評判の高い作品が放送後では、評価が一変してあまり盛り上がらなかった。特にハルチカは聖地巡礼も兼ねて静岡県が街おこしをしていたが、円盤の売上も良くなかった。

対して人気となったのは、「この素晴らしい世界に祝福を!」がダークホースとして最高の笑いと2期が放送終了直後に決定し、円盤の売上も好調とめぐみん旋風を巻き起こしました!そして原作組が納得、さらに幅広い層に人気がでた「僕だけがいない街」。さすがノイタミナ枠だと思わせるような毎回の引きの良さで1週間が待ち遠しくなったアニメ。アニメの新境地と独特のテンポが心地いい「灰と幻想のグリムガル」は、1クールで終わってしまうのがもったいないほどの出来の良さと女の子の可愛さ。謎が解決していないので2期もやって欲しい作品。駄菓子とサヤ師の可愛さを伝えてくれた「だがしかし」も冬アニメでは人気となった。

DVD,BDの売上はどうだったのか?

DVD,BDの売り上げとしてはダントツに「この素晴らしい世界に祝福を!」が10,000枚を超えておりトップとなっています。やはりテンポのいいコメディが人気となっての素晴らしい売り上げとなっています。通常であれば、アニメに関して2期が決定するボーダーはDVD,BDの1巻目の売上が3,000~5000枚が2期の決定する基準となっているようなので余裕で越えています。ということで最終回放送エンディング後で2期制作が決定との発表になりました。他としては、「灰と幻想のグリムガル」が5,000枚を超えており、人気もあることから2期制作が濃厚となってます。僕だけがいない街に関しては、大人気にもかかわらず3,000枚と売上は伸びませんでした。一方でハルチカは、最終回まで見た人からは好評だったものの、売上はかなり伸び悩み500枚となっています。やはりこうしてみてみるとアニメの作品数が多い分、序盤の盛り上がりが重要と言うか、1話が重要になってくるのがわかりますね。

関連記事

ここまで記事を見てくれたのだから来期のランキング記事も見ないでいいですか?

156465.jpg7月スタートアニメランキング

7月スタートアニメには漫画原作の作品が多いので一覧表を見てみると意外と知っている作品が多いのではないかと思います。「甘々と稲妻」「あまんちゅ」「Orange」「食戟のソーマ」「D.Gray-man」「DAYS」「七つの大罪」「NEWGAME」「はんだくん」「ベルセルク」「リライフ」「モブサイコ100」と12作品もあります。その中でも話題作といえば、「Orange」でしょう。長野県のある高校生たちの物語で未来から友達が亡くなると未来から手紙がくる。そうしたことから始まっていくファンタジー要素も含んだ恋愛ものとなっている。たった5巻で完結しているながら実写映画化、アニメ化と勢いが止まらない作品。「食戟のソーマ」についてはやっと2期が来たか。今期が物語で最高潮に盛り上がるストーリーなので必見の作品です。

2016来期top.jpg来期の新作 2016(4月スタート)アニメおすすめ期待度ランキング

2016来期アニメ一覧.jpg2016年(4月スタート) 来期アニメのオススメ、みどころ、放送情報、声優など一覧表

春アニメについては、既に7話を過ぎており、後半に差し掛かっています。おそらく見続けているアニメは指を数える程になるぐらい減少していると思います。ただ見逃していたアニメも後半に面白くなって評価が高まった作品が結構あるので見直してはどうでしょうか?その中で見ていない作品等あれば上記一覧、ランキングを見ていただけると抜けがなくなると思いますのでご活用ください。

CLOSE
CLOSE